札幌・すすきの市場の「茶寮」でジャンボ肉まんを食べました

茶寮すすきの店肉まん4北海道グルメ散歩

札幌のすすきのをぶらぶら歩いていると、大きな肉まん(豚まん)を売っている店が2軒あります。

1つは「皆招楼(かいしょうろう)」、黄色い看板に「手造り中華まんじゅう」という文字が目立つ店です。

そしてもう1つ、道路の向かい側に「すすきの市場」という看板の下にある「茶寮(さりょう)

どちらかというと皆招楼の方が目立つので有名ですが、今回は茶寮の肉まんを食べてきました。

 

スポンサーリンク

「茶寮すすきの店」で肉まんを食べました

「茶寮すすきの店」は札幌市営地下鉄南北線すすきの駅から、札幌駅方面と逆方向にあります。

3~4分ほど歩くと、白地に赤い文字で「すすきの市場」という文字が見えます。

茶寮すすきの店肉まん2

 

別の方向から見た図。

茶寮すすきの店肉まん3

この看板の下に「茶寮すすきの店」があります。

 

「茶寮すすきの店」で肉まん実食

茶寮すすきの店肉まん4

店の様子はこんな感じです。

奥に店員さんがおり、呼べばすぐに気づいて来てくれます。

 

茶寮すすきの店肉まん5

メニューはこちら。

基本点心のみで、品切れのものも結構あります。

肉まん1本で勝負しているのでしょう。

 

ここはもちろん肉まんを注文しました。

茶寮すすきの店肉まん1

写真だと大きさは伝わりにくいですが、両手で大きな丸を作ったくらいの大きさで、いわゆるジャンボ肉まん(豚まん)の部類に入るでしょう。

なお、醤油やからし類は一切つきません。

(個人的には酢醤油にからしをつけて食べるにが好き)

すぐに食べる場合、紙に包んだ簡素な状態で渡してくれます。

出来立てを提供されますので、最初は結構熱いですが、比較的すぐに慣れます。

 

茶寮すすきの店肉まん6

実際に食べてみると、中の肉あんが結構味が濃く、包んでいる生地といい感じで調和します。

これなら何もつけなくても十分美味しいです。

結構な大きさなので、これ1つで結構お腹が満たされました。

 

なお、店にはイートインスペースやスタンドなどはありません。

その場で立ち食いするか、歩きながら食べる、あるいは持ち帰りにして家でゆっくり味わいましょう。

家で食べるときは、からしや酢醤油をつけたら更に美味しいかもしれません。

スポンサーリンク

 

「茶寮すすきの店」の場所と営業時間など

以上、札幌すすきのにある「茶寮すすきの店」の肉まんの食レポでした。

私はお昼がわりに食べたのですが、ちょうどその時はさほどお腹が空いていたわけではなかったので、ちょうど良いボリュームでした。

このように、大して空腹ではないけど小腹が空いた時、飲んだ後の締めに食べるのにオススメです。

札幌で飲んだ時の締めはラーメンか、最近流行りの締めパフェとかありますが、カロリー高めで太ってしまう心配もありますね。

それならば少し大きい肉まん(豚まん)くらいがちょうどバランスも良く、お腹も満たしてくれることでしょう。

 

以下、お店の場所と営業時間を記載します。

 

【茶寮すすきの店】(2019年8月現在)

  • 営業時間:AM 11:00~AM 5:00
  • 定休日:原則なし
  • テイクアウトのみ

 

札幌豚まん皆招楼6

なお、もう1つの豚まんの人気店「皆招楼」は茶寮から見て道路を挟んだ向かい側にあります。

こちらの豚まんも名物で、とても人気があります。

詳細については以下の記事を参照ください。