札幌で断続的に起きる「ドーン」という音は何なのだろう?

スポンサードリンク
移住生活

 

台風がまたまた近づいているものの、今日も朝から良い天気でした。

前日、ジムで少し気合を入れて走りすぎ、朝起きるのがつらかったですが、今日も頑張ろうと思い、ご飯を食べた後に作業に取り掛かりました。

 

さて作業に取り掛かろうとした時、それは突然起こりました。

 

突然の地響き!何が起きているのだ?

突然「ドーン!」という地響きが鳴りました。

まあ、すぐに止むだろうと思い、そのままやり過ごしていましたが、今日は断続的に鳴り響きます。

 

最初はカミナリなのかなと思いました。

でも、こんな天気が良い時にありえないし、何よりもカミナリは「ゴゴゴゴ〜」という感じで響いて来るものです。

今回はそれこそ「ドカーン、ドカーン」とさらにずっしりと重く、地面も揺れるような感じです。

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

 

次に思いついたのは、近くの山で石か何かを採掘しているのかなということです。

その時に、ダイナマイトで爆破した時の音かなあと想定したのですが、現在の札幌ではそのような採掘作業は行われていないはずです。

9ed93305172a3b9d01e02bcf781e939f_s

(イメージ)

 

かつては、今の石山緑地で札幌軟石という石を切り出していました。

しかし現在は、もう稼働していないので、それもありえません。

 

よくよく考えると、1週間ぐらい前から、同じような地響は聞こえておりました。

その時は数分程度で鳴り止みましたので、気にも留めなかったのですが、今日は1日中鳴り響いています。

 

これはさすがにおかしいと思い、色々と調べてみました。

 

正体は陸上自衛隊の演習

グーグルさんで調べてみると、同じように思っていた人はたくさんいたようで、何が起きていたのか、あっさりとわかりました。

 

ドーンという大きな音の正体!

それは、恵庭市にある陸上自衛隊の大演習場島松地区で戦車の射撃訓練が行われていたのです。

5e786e7f3d49928d3a2227d20e2d95b8_s

 

なるほど、戦車の砲撃であればそれぐらいの地響きが起きてもおかしくないですね。

思い返すと、確かに大砲から発射される感じのドーンという音でした。

 

また、北海道新聞にも記事がありました。

「札幌で「ドンドン…」 問い合わせ相次ぐ 恵庭の射撃訓練音か」

札幌市内で29日、雷や地響きのような音が断続的に聞こえるという苦情が、札幌市や同市消防局、陸上自衛隊北部方面総監部(札幌)などに相次いだ。

総監部によると、札幌市中心部から25キロほど離れた恵庭市の陸自北海道大演習場島松地区で、同日午前7時から午後5時まで戦車の射撃訓練が行われていた。総監部広報室は「騒音の原因となった可能性がある」としている。

中央区や南区、東区など広い範囲の市民から電話が寄せられており、市は午後3時ごろ、総監部に配慮を要請した。

総監部によると「特別な弾薬などを使ったわけではなく、通常の訓練。仮に訓練が騒音の原因だとすれば、札幌まで響くのは珍しい」とのことである。

これで、原因はほぼ確定です。

 

そういえば、今日はいつもよりヘリコプターが飛んでいる気もしました。

いつもはちょっと音が気になる程度ですが、今日は断続的に続いているので、さすがにうるさかったです。

16901beea58f65a657be2e0955788491_s

 

しかし、25kmも離れていてこれだけ響くのもすごいですね。

普段なら珍しいとのことですが、風のせいもあるでしょうが、先日来た台風の影響で雨が降って地盤が多少緩んでいたのかもしれませんね。

(あくまでも素人の推測の域ですが)

 

「札幌ドーン」がTwitterのトレンド入り

やはり、普段こんなことがないためか、Twitterでは「#札幌ドーン」というハッシュタグでトレンド入りしていたようです。

実際に検索をすると、かなり多くのツイートがありました。

 

少し覗いてみると、札幌市民は大騒ぎしていたようですが、演習場のお膝元の恵庭市民の皆様はいつものことらしく、逆に騒いでいることにびっくりしていたようです。

85da21d80abaa9d83a3d0d7106a2b0b3_s

 

まあ、うるさいというのもわからなくないのですが、最近は近隣諸国の動きもあるので防衛に力を入れるのは致し方ないとは思います。

北朝鮮のミサイルや、中国が尖閣諸島に近づいたりしてますので。

話し合いで分かり合える相手であればいいのですが、今までの動向を見る限りでは、もう厳しい局面に入りつつあるのかなあと感じます。

 

ちなみに、私の場合は長年本州(東京)にいたこともあり、北海道に移住してきた当初は、一般道路を当たり前のように自衛隊のトラックが走っている姿を見るだけでびっくりしたものです。

都内にも市ヶ谷に自衛隊の駐屯地がありますが、街中を自衛隊のトラックなどが走っているのを見かけることは、まずありませんでした。

 

多分、北海道だけではなく、他の地域でも同様なケースは多々あると思いますが、ちょっとしたカルチャーショックを受けた出来事でした。

 

移住生活
スポンサードリンク



きたかぐらの北海道移住一人暮らしミニマリスト生活ブログ

コメント

  1. 鈴木ムネヲ より:

    東豊線の栄町駅あたりでは、迷彩服を着て自転車に乗って丘珠駐屯地まで通勤(?)している自衛隊員が結構多いです。慣れれば別に違和感はありません。

    • きたかぐら きたかぐら より:

      私が住んでいるところも自衛隊員がチャリに乗っているのを見かけます。最初はちょっと違和感がありましたが、今はもうそれが当たり前になりました。

  2. 苫小牧の住民 より:

    苫小牧でも聞こえました。
    ネットで調べて、はじめて正体が分かりました。苫小牧まで聞こえるとは、恐るべし自衛隊の存在感‼

    • きたかぐら きたかぐら より:

      これに気づいてのが、昨年(2016年)のことだったのですが、今年(2017年)も同じぐらいの時期に、やはり聞こえました。
      今はお隣の国が怪しいので、今後は聞こえる回数も増えそうですね。