ミニマリストになったことに満足せずその先にあるものを見つけよう

ミニマリスト&シンプルライフ

物にあふれた部屋(汚部屋)から思い切って片付けをして、思い切ってミニマリストになったはいいものの、なんか途中で気が抜けてしまうなんてことありませんか?

思ったように片付けができないとか、途中で面倒になったなど様々な理由はありますが、私の場合は勢いよく物を捨てまくり、物がない部屋になった時です。

一気に片付けをして部屋を綺麗にすると、達成感を得ます。

次は、今の状態をキープするためのモチベーションが必要になるのですが、汚部屋から物を無くした時のような高揚感を得ることは難しいです。

実際、私自身も途中でやる気をなくしたり、迷ったりしたことはありましたが、なんとか物が少ない生活を維持しています。

 

以前の記事でミニマリストとしてモチベーションを保つ方法について取り上げましたが、今回はミニマリストになった後に、どう言う方向に進んでいくのが良いのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

片付けや断捨離はやっている途中のプロセスが楽しい

冒頭でも述べましたが、ミニマリストのモチベーションが一番上がる時って、片付け始めから、物が少ない部屋になるまでです。

これを捨てようかどうか、悩んだり迷ったりと苦しむこともありますが、基本的には作業している時って不思議と楽しいものです。

よくテレビで家のリフォーム(大改造!!劇的ビフォーアフターとか)や池の水を抜く番組(池の水を全部抜く大作戦)って観ているとなんだか楽しくなりませんか?

あれって、あんなに汚なかったのがこんなに綺麗になったという達成感を疑似体験しているように感じることができ、ワクワクするのです。

(だから人気番組になったのでしょう)

でも、終わってしまうと片付けが大変だった分、解放感も大きくなり、その後のメンテナンスなどのやる気が湧きにくいのです。

 

やりきった後の空虚感がモチベーションを下げる

ものにあふれた状態から、物が少ない生活を手に入れることができた!

特にビフォーで物が大量にあればあるほど、達成した時のやりきった感は大きいものです。

そして、達成感が大きければ大きいほど反動がくるもの。

その後のことが手につかなくなってしまいます。

無理してダイエットしたリバウンドした時になんだか似ていますね。

 

実はここからがミニマリストやシンプリストに向いているかどうかのターニングポイントとも言えます。

せっかく綺麗な部屋を手にしたのだから、このまま維持できるように頑張ろうと、新たな目標を見つけられるか?

あるいは何もない状態に耐えられず、反動で爆買いをしてしまうか。

 

でも、仮にミニマリストになれず、物が増えてしまったとなっても悲観することはありません。

物がない生活より、好きなものにたくさん囲まれた方が向いていると気づけば、それで良いわけですので、無視してミニマリストになる必要はないでしょう。

(ただ、整理整頓がままならずゴミ屋敷になってしまうのは怖いですが)

 

私の場合、一気に断捨離を実行し何もない部屋を手に入れた後、モチベーションが下がりましたが、運よくそれで反動が来ることはありませんでした。

何か増やしたいとも感じませんでしたし、どちらかと言うと気が抜けてボケーっとしていた気がします。

(まあ当時も今もお金がなく無駄遣いしないだけではありますが)

 

結局、部屋を綺麗にした後に襲ってくる空虚感に対して、自分が耐えられるのかどうかがミニマリストになれるかどうかのポイントではないでしょうか。

いや、耐えられると言うのは語弊があるので、物がない部屋や生活が心地よく感じられるかどうかと言った方があっているかもしれません。

スポンサーリンク

 

ミニマリストになった後に何をやりたいのかを探して楽しもう

でも、ミニマリストの生活を維持するのって、やはり精神面できつく感じることもあります。

そんな時、どうすれば良いのか?

次にやりたいことや目標に向けて進めば良いのです。

 

ミニマリストになりたいと思った理由と言うのは、その先に自分のやりたいことがあってなったはず。

例えば単にお金がなかったからだと言う場合でも、じゃあミニマリストになってお金が貯まるようになったら、そのお金で何かしたいと思ったはず!

別に大きなことでなくても、もっと美味しいものを食べたいとか、旅行に行きたいなど、そんなことでも良いのです。

 

ちなみに私の場合は、ミニマリスト生活を続けながら、自由に様々な土地を往来しながら生活していくのが夢です。

そのために身の回りを身軽にして、ブログなどで自力で生計をたて自立できるようになることが目標です。

実際ミニマリストのことについてブログを書いたり、SNSやYouTubeで発信している方も多いですね。

ただ、なかなかミニマリストのインフルエンサーみたいに啓蒙しつつ共感をえながら発信し続けるのって大変です。

そういうことが得意であれば、ミニマリストに特化して積極的に続けていけば良いと思います。

 

私の場合、元来の飽き性でありミニマリストのことを書き続けるのが結構キツイです(笑)

このブログも当初は北海道に移住した話からスタートしていますが、移住後はそのことについてほとんど触れていません。

一度達成してしまうと、なかなか同じ話題について書き続けるのは本当に難しいです。

そのため、このブログもミニマリストのことにこだわらず、他に興味を持ったことを色々書いていくことで続けられています。

最近ですと、再び地元札幌のグルメネタや音楽などカルチャーのことなど、ジャンルにこだわらず記事にしています。

 

私について言えば、ミニマリストだからといって、無理してそれを全面に押し出す必要もなく、たまたま自分のライフスタイルの1つがミニマリストと言うスタンスです。

実際にミニマリストであっても、個人のブログでは様々なことを書いているブロガーさんも多いです。

私も雑多なことを書いていくのが性格的にあっているので、今後はミニマリストのことも時々交えながら続けていくつもりです。

(その証拠に、ブログ名からもミニマリストって外しました)

 

結局言いたかっのは、辛かったらミニマリストであることにこだわらず、その先にあるものや、他に興味があることについても表に出していけな良いのではと言うことです。

単なるミニマリストだけだと埋もれてしまいますから、そこにプラスアルファを入れることで1つ突き抜けることができるのではないでしょうか。