ミニマリストの全持ち物公開中、リストはこちらから

【札幌グルメ】すすきの「東京五十番」で噂の380円ラーメンを食べてきた

北海道グルメ

札幌のグルメといえばたくさんありますが、必ず上位に名前が出流のは「ラーメン」です。

本当に多くの店があるのですが、大抵の店は1杯800円前後というのが普通です。

そんな中、札幌で正油ラーメンがなんと380円で食べられるお店があるのです。

その店の名前は中華料理「東京五十番」です。

実際に食べに行ってきました。

 

スポンサーリンク

札幌すすきの中華料理「東京五十番」へ行ってきた

目的の店「東京五十番」はすすきのにある「ススキノラフィラ」の地下2階にあります。

札幌市営地下鉄南北線のすすきの駅で下車し、目の前にあるススキノラフィラの入口を入ります。

そのまま奥まで進むと、白地に赤い文字で「五十番」の看板が見えてきます。

 

ちなみに五十番はすすきのの他、大通西1丁目と麻生に店舗があります。

今回は普段よく使うことが多い、すすきの店に入りました。

札幌の店なのに店名に「東京」と入っているのは五十番の発祥が東京だからです。そこから暖簾分けする形で全国展開し、札幌には昭和36年に進出しました。

 

札幌すすきの「東京五十番」で正油ラーメンとチャーハンを食べる

お店に入り早速注文します。

14時ごろに入店したのでお昼のピークは過ぎていたこともあり、さほど混んでいませんでした。

 

メニューをチェックします。

確かに正油ラーメンが380円です。

ちなみにこの価格は税別なので、税込で410円ですが、それでも今どきこんな価格で出しているところなんてほとんど見かけません。

この流れでいけば正油ラーメンだけ頼めばいいのですが、この日は朝からほとんど何も食べておらず空腹だったのでセットメニューから選ぶことにしました。

今回はチャーハンと半ラーメンのセットを注文しました。

 

5分ほどして注文した品物が運ばれてきました。

おお、いい感じですね。

ラーメンは本当に半ラーメンのかと疑うぐらいの大きさです。

一般的なラーメンの7割程度の量かなと感じました。

 

まずはラーメンから食べます。

あぁ〜、あっさり正油の典型的な東京ラーメンの味です。

最近の油や豚骨こってりスープのラーメンを食べ慣れていると多分物足りなさを感じるかもしれませんが、スッキリした後味がいいです。

個人的にはこういうタイプのラーメンも好きです。

 

続いてチャーハンへ。

エビが1つ上に乗っている以外は、普通です。

早速口に運ぶと、ご飯がすごくパラパラしており食感がすごくいい!

言い方は良くないかもしれませんが、大衆店の中華料理店でこのレベルのチャーハンが出てきたのは驚きです。

ただ、私の舌が濃い味に慣れてしまっているからかもしれませんが、味は少し薄く感じました。

それでも下味はしっかり付いているので、慣れれば美味しく食べることができるでしょう。

 

今度からチャーハンを食べるとき、迷ったらここを選びたいくらいです。

値段もちょうど良いし、量もちょうど良いです。

それに半ラーメンをスープがわりに食べれば、ちょうどいい具合にお腹も満たされるでしょう。

スポンサーリンク

 

「東京五十番」場所や営業時間など

以上、札幌すすきのにある中華料理「東京五十番」のグルメレポでした。

このお店は、ほぼ地元民向けの店といって良いでしょう。

札幌など北海道に観光しにきた時に食べるラーメンではありません。

地元民がお昼時に食べるための大衆店という位置付けです。

そのためメニューも多く、セットメニューも充実しています。

全体的に味があっさりしているのも、ずっと食べ続けても飽きないためにするためと言えるでしょう。

 

今回入ったすすきの店の場所と営業時間などはこちらです。

 

【中華料理「東京五十番」すすきの店】

  • 営業時間:10:00〜21:00
  • 定休日:無し(年中無休)
  • 全席禁煙
  • 公式サイトはこちら
  • 食べログ(予約・クーポン)はこちら

 

いわゆる大衆中華を食べたくなったらオススメしたいお店です。

メニューも豊富で、値段もリーズナブル、

とびっきり美味いというわけではありませんが、なぜかふと食べたくなる、そんな料理が揃っているお店です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました