札幌・大通公園近くのワールドブックカフェに行ってきました|人気の隠れ家的スポット

札幌ワールドブックカフェ15北海道グルメ散歩

3,000冊以上の本にあふれた落ち着いた雰囲気のカフェがあるということで以前から気になっていた札幌のワールドブックカフェ(WORLD BOOK CAFE)。

一度入ってみたいカフェだったのですが、先日ようやく店に行ってきました。

場所がわかりにくく探すのが大変でしたが、店内は噂通り本に囲まれた落ち着いた雰囲気でくつろぐことができました。

今回はその様子を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

札幌大通公園近く「ワールドブックカフェ(WORLD BOOK CAFE)」の行き方

ワールドブックカフェへ初めて訪問する際、おそらく地元民でも探すのが大変です。

地図でさっぽろテレビ塔の近くということはわかるのですが、それ以外に目印となるものがないため、実際の場所がわかりにくいのです。

 

札幌ワールドブックカフェ9

ワールドブックカフェがあるビルはこの通りに面したところにあります。

 

札幌ワールドブックカフェ20

「大沢ビル」という看板と1階がスープカレー屋さんのビルを見つけましょう。

 

札幌ワールドブックカフェ11

左側にビルの入口があります。

 

札幌ワールドブックカフェ16

横を見ると、ワールドブックカフェの看板が出ていました。

 

札幌ワールドブックカフェ13

大沢ビルの5階になります。

 

札幌ワールドブックカフェ19

まっすぐ進みエレベーターにのり5階まで直行しましょう。

 

札幌ワールドブックカフェ12

5階に到着しエレベーターが開いたら、目の前に広がるのがカフェの入口です。

実際、私もなかなか見つけられず、ようやくたどり着いたときにはホッとしました。

スポンサーリンク

ワールドブックカフェでデザートセットを注文しました

札幌ワールドブックカフェ2

ようやくカフェに到着し、入口を入ると店員さんに席へ案内されます。

最初はテーブル席でしたが、すぐに窓際の1人席が空いたので、そちらへ誘導されました。

ゆったりしたソファ席でくつろげそうです。

 

店内を見渡すと、平日の昼間にも関わらず結構お客さんが入っていました。

こういうカフェだと女性客が多いのかと思いきや、そんなこともなく男性客の姿も見られました。

やはりカップルが多いですが、女性の1人客や年配のご夫婦、男性の2人組などもおり、客層は幅広いです。

そんなこともあり、男性1人で入っても違和感なくくつろぐことができました。

入る前に東京五十番でお昼を食べてきたので、今回はコーヒーとケーキのデザートセットを注文しました。

札幌ワールドブックカフェ24

私が選んだのはベイクドチーズケーキとコーヒーです。

コーヒーは結構多くの種類があり、その中からケニアを選びました。

 

札幌ワールドブックカフェ21

ベイクドタイプですが、実際に口にすると程よい柔らかさがあり上品な味です。

添えてあるホイップクリームをつけると、さらに美味しさが増します。

甘さは抑えめなので、甘いものが得意でなくても食べやすいでしょう。

 

札幌ワールドブックカフェ25

コーヒーは珍しくフレンチプレスで抽出したタイプです。

オレンジ色のコーヒーメーカーから直接カップに注いでいただきます。

味に深みがあり美味しい!

だいたいカップに3杯弱くらいの量があるので、ゆっくりと味わうことができます。

フレンチプレスは専用のポットにコーヒーの粉とお湯を注ぎ、シャフトをセットして抽出する方法です。粉がお湯に触れている時間が長く安定するため、コーヒー豆の風味をダイレクトに感じられるのが特徴。お湯を注いで待つだけとあまり手間がかからないため、初心者の方でも簡単にコーヒーをいれることができます。

ワールドブックカフェ店内の様子

ワールドブックカフェで気になるのは、やはり店内の様子ではないでしょうか。

撮ってきたものを掲載していきます。

札幌ワールドブックカフェ1

入口付近から撮ったもの。

壁一面の本が壮大ですね。

 

札幌ワールドブックカフェ3

逆方向から入口をみたらこんな感じです。

 

札幌ワールドブックカフェ22

窓側から店内を見渡した様子はこちらです。

(この時はだいぶ時間が経って撮ったので、お客は少なかったのです)

 

札幌ワールドブックカフェ23

札幌ワールドブックカフェ17

札幌ワールドブックカフェ10

札幌ワールドブックカフェ14

札幌ワールドブックカフェ8

 

店内の本は旅(旅行記)、海外に関するもの、写真などのアート系のものが中心に揃っております。

(いわゆるビジネス本や小説は見た限りありません)

ここから好きなものをとって、席でゆっくりと読むことができます。

図書館のように外部への貸し出しはしておりませんので、店内のみです。

 

札幌ワールドブックカフェ7

札幌ワールドブックカフェ5

札幌ワールドブックカフェ6

札幌ワールドブックカフェ4

私が座った窓際のカウンター席。

ソファは撮れませんでしたが、ふかふかで座りごごちが良かったです。

テーブルの高さもちょうど良い感じでした。

 

札幌ワールドブックカフェ18

せっかくなので1冊手に取り読書タイム。

2015年に実際に軍艦島を訪問したことを思い出しながら、読みふけりました。

もちろんブックカフェだからと言って、本を読まなければいけないということはなく、好きなように過ごして問題ありません。

本がたくさんあり狭く感じるかもしれませんが、店内のインテリアが落ち着いた感じだったこともあり落ち着いてくつろげました。

私も2時間ほど滞在しましたが、ゆったりと過ごしてきました。

スポンサーリンク

ワールドブックカフェの営業時間・最新情報など

以上、札幌の大通公園近くにあるワールドブックカフェ(WORLD BOOK CAFF)のレポでした。

お店の営業時間などの情報は次の通りです。

【ワールドブックカフェ】

  • 営業時間:12:00〜22:00
    (ランチ   12:00~16:00)
    (ディナー17:30~21:00)
  • ラストオーダー:
    21:00(フード)、21:30(ドリンク)
  • 定休日:不定休
  • 全席禁煙
  • 支払い:カード不可、現金のみ
  • 最新情報は公式twitter、または公式Instagramを参照
  • ぐるなび(クーポン・口コミ)はこちら
  • ホットペッパー(クーポン・口コミ)はこちら

店内ではWifiが使えます。

利用したい場合は、注文時などに店員さんに声をかけて使いたい旨を伝えると、パスワードを書いたカードを渡されます。

電源も一部の席に設置されております。

その気になれば、店内でパソコンなどを開いてノマド作業もできそうですが、雰囲気的には仕事する感じではないです。

(そんな中でも、ひたすらパソコンと向き合って作業していた人も!)

 

隠れ家的なカフェですが、結構な人気店で土日は結構混んでおります。

実は一度土曜日に覗いたことがあったのですが、満席で諦めました。

狙い目は平日の15時以降18時あたりは客足も落ち着くので入りやすいかもしれません。

本が好き、あるいはおしゃれな雑貨に囲まれた空間のカフェが好きであれば、きっとハマるカフェでしょう。