iPnoneの新作が出るたびに高級化&デザイン劣化して悲しくなる件

IT・WEB系

2019年9月にiPhoneの最新版であるiPhone11と11Proが発表されました。

以前からの噂通り、11Proはカメラのレンズが3つついたタイプです。

実際に製品を見ると、カメラレンズがすごく目立っています。

それと同時に、Appleらしいシンプルなデザインからはかけ離れてしまっているのがなんとも残念でなりません。

どうも、少し前からiPhoneの新製品が出る度にガッカリします。

いつからAppleは迷走してしまったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

iPhoneのデザインがおかしくなったのはいつから?

こちらが実際に発売されることになったiPhone11Pro、

3つのカメラレンズがまるで何かを睨みつけるような怖い印象を持ってしまったのは私だけでしょうか?

 

そしてもう1つのiPhone11、こちらはカメラレンズは2つではありますが、やはり存在感があります。

 

それにしても11Proにしても11にしても、カメラレンズ部分が目立ちすぎて、Appleが持つシンプルなデザインが壊されている気がします。

 

思えばiPhoneのカメラレンズ問題は11からではありません。

違和感を初めて感じたのは、忘れもしないiPhone6が出た時です。

それまではカメラレンズは本体を同化して出っ張りがなく、とてもスッキリしたデザインでした。

それがiPhone6になった途端、カメラレンズだけが浮き出てしまったのです!

本当にちょっとしたことかもしれないのですが、これがiPhoneが持っていたシンプルなデザインが崩壊するきっかけとなったと言えます。

iPhone6が出た当時は、すでにスティーブ・ジョブズはこの世の人ではなく、次の世代に引き継がれていました。

もし、ジョブスが存命だったら6でカメラレンズが浮き出たデザインを絶対に許さなかったと思います。

ジョブズは全てにおいて一切の妥協を許さず、できない場合は絶対に世に出さなかった人です。

おそらく技術的にカメラレンズを浮き出てしまわざるを得なかったのですが、とても残念でした。

(と言いながら、6を購入した私でした・・・)

 

6を発売し、カメラレンズの出っ張りが何の問題もなく、顧客からのクレームもほとんどなかったので、それ以降の新製品もカメラレンズが出っ張ったデザインばかりになってしまいました。

そしてiPhoneXではさらに出っ張りが浮かび上がるようなデザインになってしまい、11では3つ並べた、見た目には美しくないものとなってしまったのです。

ジョブスは草葉の陰で泣いている、いや激怒していることでしょう・・・。

スポンサーリンク

 

iPhoneのライバルは同業他社ではなくカメラメーカー?

それにしても、iPhoneはなぜにしてここまでカメラレンズの高性能化にこだわるのでしょうか?

これは、いうまでもなくSNS(Twitter、Instagram)の普及とYoutubeなどで誰もが手軽に動画を投稿できるようになったことです。

特にインスタ(Instagram)は写真・動画投稿がメインのSNSですから、日本のみならず世界中で「インスタ映え」を狙うユーザが増加しています。

自分の投稿したものを多くの人に見てもらって「いいね」をもらい、あわよくばインフルエンサーを目指すため、より良い写真や動画を撮ろうとします。

専用アプリの加工である程度は綺麗になるのですが、それでは飽き足らず、カメラそのものの高性能化を求められるようなったのでしょう。

 

写真や動画を綺麗で鮮明にとるのであれば、やはり専用のカメラがあった方が良いです。

そうなると、CanonやNikon、SONYやLeicaという老舗カメラメーカーが強いです。

 

でもAppleはそれが許せなかったのでしょう。

どうせならiPhone1つで撮影から加工、そして投稿までひとまとめにできるようにして、ライバルに対抗しようと思ったに違いありません。

この時点で、iPhoneのライバルは他のスマホメーカーではなく、カメラメーカーだったというわけです。

ここまでSNSが普及し、高画質で撮影できるカメラが求められているのを見越してiPhoneを高級コンパクトデジタルカメラ並みの性能を持たせたのでしょう。

そのため、デザイン性を犠牲にしてでもカメラの高性能化を追い求めたのでしょう。

今考えると、すでにiPhone6が発売された2015年ごろから、将来を見越したマーケティング戦略を展開していたのです。

今の時点では、その方向性で当たっているわけですが、果たして3つレンズのiPhone11Proは成功するのかどうか、今後の展開に注目です。

スポンサーリンク

 

今後iPhoneに望むこと

カメラ性能を向上させて、SNSで使うユーザのニーズをもためたマーケティングを展開した結果、カメラレンズが悪目立ちするほどのデザインになってしまったiPhone。

ジョブズ時代のシンプルで独創的デザインが好きな私は、やはり今のiPhoneには違和感を感じずに入られません。

もう、初期iMacのような世間をあっと言わせる製品はAppleからは出てこないのかもしれません。

2000年代前半には、今までになかったこういうデザインのものが出た時は、さすがAppleだなとワクワクしたのを今でも覚えています。

 

といっても、今はもうジョブスもいないので、ここまで大胆なものが出てくる可能性は極めて低いかもしれません。

Appleも商売ですから、売れる製品を作らなければいけません。

 

ただ、1つ可能であれば、やはりカメラレンズが出っ張っていないiPhoneを出して欲しいです。

今のiPhoneはカメラレンズの性能ばかりに注力しすぎです。

全てのユーザがみんなSNSで「映え」を狙っているわけではないのですから、そこまで高性能でないカメラレンズのスマホを1つラインナップに加えて欲しいです。

あるいは、今後出すiPhoneはカメラレンズは普通の性能のものにして、高性能なものが欲しい場合はオプションで取り付けられるようにするとかして欲しいですね。

今のiPhoneは本体価格も高くなってしまい、買い換えるのも躊躇してしまいます。

そこで、本体価格をある程度抑えたものを1つベースに、高性能なカメラレンズなどは着脱式のオプションにするのです。

欲しい人はセットで買うはずですので、Appleにとっても購買層が広がるのではと思います。

(技術的な可否については今回は考えておりおません。)

 

Apple製品愛用者の私としては、今後もiPhoneシリーズは使い続けたいので、もっと手軽に手が届くようになればいいなと願っております。

それまでは使えるまでiPhone8で頑張ります(笑)。