一人暮らしミニマリストの全持ち物リストはこちら!

札幌・すすきの食堂で名物のベーコンエッグ丼を食べました

すすきの食堂ベーコンエッグ丼4北海道グルメ

すすきのでどこか美味しいランチを食べられるお店がないか探していたところ、24時間営業している定食屋(兼飲み屋)を見つけました。

ざっとチェックしてみたところ、昔ながらの雰囲気を感じさせるお店で、料理も美味しそうでした。

どんなところかなと気になったので、実際に出かけてきました。

 

スポンサーリンク

24時間営業の「すすきの食堂」へ行ってきました

すすきの食堂ベーコンエッグ丼7

すすきの食堂は札幌市営地下鉄南北線すすきの駅で下車し、札幌市電沿いの道路をまっすぐ歩きます。

すぐにジャンボ1000という大型駐車場のビルが見えますので左に曲がります。

(すすきの交差点から歩いてきた場合)

少し歩くと「すすきのジンギスカン5条店」の看板が見えてきます。

すすきの食堂ベーコンエッグ丼5

ジンギスカン屋の看板の下に「すすきの食堂」の看板が見えます。

横に第3エイトビルと書いてあるのが目印になるでしょう。

 

すすきの食堂ベーコンエッグ丼9

このまままっすく入ると、奥に店舗の入口があります。

 

すすきの食堂ベーコンエッグ丼8

このまま扉を開けてお店に入ります。

 

「すすきの食堂」で一番人気のベーコンエッグ丼を食べました

すすきの食堂ベーコンエッグ丼3

店内はこじんまりとして、決して広いとは言えません。

4人がけテーブル席が2つ、カウンターに5席のみです。

私は一人で来たので、そのままカウンターに座りました。

 

すすきの食堂ベーコンエッグ丼1

メニューはこんな感じです。

結構種類が多いです。

 

すすきの食堂ベーコンエッグ丼2

メニューを裏返すと飲み物のメニューがずらり。

24時間営業なのでこういうオーダーもしっかり揃っているというわけです。

もちろん24時間注文可能です。

 

今回はお昼でしたのでご飯ものだけ、人気ナンバー1であるベーコンエッグ丼を注文しました。

 

すすきの食堂ベーコンエッグ丼6

上の方に目を向けると日替わりサービスなどのメニューが掲げられています。

ちょっと反射して見にくいですが、年季が入っています。

 

少し待っていると注文した料理が出来上がりました。

カウンターなので、目の前から直接手渡しです。

すすきの食堂ベーコンエッグ丼10

これがベーコンエッグ丼です。

丼は結構大きめです。

半熟の目玉焼きが2つとたっぷりのベーコン、下にキャベツが敷き詰められています。

これで普通盛りですが、ご飯は少し多めな感じです。

調理の段階で塩コショウと醤油で味付けされておりますので、改めて醤油などをかける必要はありません。

(濃い味が好きならばかけてもいいかもしれません)

 

味は・・・、想像通りの味です。

まずいというわけではなく、ベーコンエッグぐらいは家でも作ったり食べたりしたことがある方が多いでしょう、

それをご飯が盛られた丼にドーンとのっかているとわかれば、味もイメージできると思います。

でも自分で料理をしないとか、夜中どうしてもがっつりご飯が食べたくなったというならば、これがきっとすごく美味しいメニューになるのです。

呑みのシメに食べるのも悪くないかもしれませんね(笑)

 

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

 

すすきの食堂の場所・営業時間など

以上、すすきの食堂でベーコンエッグ丼を食べたレポでした。

いわゆる普通のこじんまりとした大衆食堂ではありますが、歓楽街のど真ん中にあり24時間営業しているということを考えると、結構ニーズは高いのだろうなと想像できます。

どちらかというと、早朝や深夜に定食を食べたいとか、昼からちょっと飲みたいなというときに利用するのが良さそうです。

 

すすきの食堂の場所・営業時間は次の通りです。

【すすきの食堂】

  • 営業時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 全席喫煙可
  • クレジットカード不可
  • PayPay利用可
  • ぐるなび(予約・クーポン・口コミ)はこちら
  • ホットペッパー(予約・クーポン・口コミ)はこちら

 

全席喫煙可というのば、場所柄そうだろうなと納得。

実際、私が食べているときにも隣席の客が食後の一服をしていましたし・・・、煙が苦手な方は避けたほうが賢明かもしれません。

また、PayPayが使えるというのは意外でしたね。

ありがたくPayPayで支払させてもらいました。

 

昔ながらの雰囲気の食堂でご飯を食べたいというならば、一度足を運んでみても面白いかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました