一人暮らしの男性ミニマリスト愛用の食器を紹介【1人分あれば十分】

一人暮らし男性ミニマリストの食器1ミニマリスト&シンプルライフ

食器って不思議なもので、大して高いものでなくても、長年使っているともったいない気持ちが働いてなかなか捨てられません。

私も一人暮らしを始めてから、少しづつ食器類が増えていき、いつの間にか場所を占有してしまいます。

でも使っていなければ無駄になりますので、意識して処分しないと食器は減りません。

それに気づいてからは定期的にチェックして、ようやく必要最低限の数にまで減らすことができました。

 

今回は、一人暮らしの男性ミニマリストである私が保有している食器・カトラリー類を紹介します。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの男性ミニマリストが愛用している食器を紹介

私が今現在使っている食器・カトラリー類は冒頭の写真にあるものが全てです。

もう少し減らせないかなと思いつつも、今はこれだけの数でやりくりしています。

順番に紹介していきます。

 

ご飯茶碗

一人暮らし男性ミニマリストの食器14

ご飯を食べるときに使っているもの。

100円ショップで購入したものですが、落ち着いた色味で結構気に入っております。

大きさも程よく、食べやすいです。

 

お椀(木製)

一人暮らし男性ミニマリストの食器8

主にお味噌汁を飲むときに使っている木のお椀です。

味噌汁椀はプラスチック製のものは結構多いのですが、すぐ塗装が剥げたりしてチープさは否めません。

長く使いたいので木製のいいものがないかなと探し、無印良品で見つけたものです。

もう10年ぐらい使っておりますが、軽くてとても丈夫です。

 

スープ皿

一人暮らし男性ミニマリストの食器6

こちらはコーンポタージュなどを飲むときのスープ皿です。

実家で使ったものを1つもらって使っています。

白でデザインも気に入っており、20年近く使いづつけています。

さすがに味噌汁椀でコーンスープとか飲むと気が滅入るので、結構こういうのは重宝します。

 

小鉢

一人暮らし男性ミニマリストの食器7

主に納豆を食べるときに使うことが多いプラスチック製の小鉢です。

納豆をパックのまま混ぜて食べるのが好きではないので、ちょうど良い小鉢を探し、IKEAで買ったものです。

4個セットだったのですが、使うのは結局1個だったので残りは処分してしまいました。

色も深いネイビーで和洋共に使えるので、結構重宝しています。

 

ミッキーの大皿

一人暮らし男性ミニマリストの食器15

メインのおかずを盛り付けるときに使っている大きな皿です。

実家にあったのですが、これ使えと無理やり押し付けられてしまい持っているものです。

別にネズミのファンではないのですが、大きさ的にちょうど使いやすく、別に誰にも見られるものでもないからいいやと、そのまま使い続けています。

 

深皿

一人暮らし男性ミニマリストの食器11

先ほどの大皿より使う頻度が多いのが、この深皿です。

汁物のおかず、サラダ、カレーなど結構いろいろな料理に使えて便利です。

100円ショップで取り急ぎ買ったものなのですが、結構使い回しています。

 

一人暮らし男性ミニマリストの食器12

デザインはちょっと気に入らないのですが、誰かに見られているわけではないしと割り切ってます。

もし割れてしまったら、今度は何かいいものを買おうかなと思っております。

スポンサーリンク

 

焼き物用長皿

一人暮らし男性ミニマリストの食器4

こちらも使用頻度が多いお皿。

ただの皿ではなく、電子レンジで焼き物ができるという優れものです。

焼き魚を作るとき、ウインナーなどの肉類を調理するときなど、いろいろと使い勝手が良いです。

本格的な焼き物には及びませんが、一人分の簡単な料理を作る分には便利な皿です。

【関連記事】【手抜き】ホッケを電子レンジで焼き魚ができる皿で調理してみた

 

木製マグカップ(ククサ)(処分済み)

一人暮らし男性ミニマリストの食器9

これは珍しいかな、ククサという木製のマグカップです。

コーヒー専用カップとして使っています。

私が使っているのは北海道占冠にあるしもかぷ工房で作られている「しもかぷくくさ」です。

以前、テレビ番組か何かでこのククサが紹介されており、一目見て欲しくなりました。

通販で取り扱いがあり購入したものです。

私が持っている食器類の中で、一番気に入ってるアイテムです。

見た目以上に軽く、口当たりも良く、これで飲むコーヒーは本当に美味しいです。

ククサとはフィンランド北部ラップランドに住んでいたサーメ人に古くから伝わる、白樺のコブをくり抜いて作られる手作りのマグカップです。

CHECK!>> しもかぷ工房公式サイト

<2020年2月27日追記>
長年使っていたのですが、先日割れ目ができてしまいました。
隙間から中身が漏れてしまうようになり、泣く泣く処分しました。
気に入っていたカップなので残念ですが仕方ありません。

 

陶器のマグカップ

一人暮らし男性ミニマリストの食器10

こちらは陶器のマグカップ、IKEAで購入したものです。

当初はコーヒー用にでもと思ったのですが、今は緑茶や白湯を飲むのに使っております。

 

グラス(タンブラー)

一人暮らし男性ミニマリストの食器16

ガラス製のグラス。

家でたまにはお酒でも飲めればいいなと思い、ワインやウイスキーなど何でも合わせられそうなタンブラータイプのものをIKEAで購入しました。

が、家で滅多に飲むこともなくなり出番は少なめ。

それでもたまに使うことがあるため、捨てずに取ってあります。

 

箸・スプーン・フォーク等カトラリー類

一人暮らし男性ミニマリストの食器3

最後にまとめてカトラリー類を。

一人分だけ揃えています。

本当は箸だけあれば十分じゃないかと思ったのですが、やっぱりスプーンとかないと不便なこともあります。

箸は最近買い換えた100円ショップのものです。

大きいスプーンとフォーク、ナイフは実家で使っていたものです。

多分30年以上になるのですが、特に買い換える理由もないので、そのまま使い続けています。

小さいスプーンは最近購入したもので、コーヒーを入れるときやヨーグルトを食べるときに使っています。

一番左にあるのはアイス用のスプーン、溶けやすいタイプのやつです。

献血をしたときにもらったのですが、家で滅多にアイスを食べないため出番がありません。

もしかすると出番があるかもしれないと思いキープしていますが、機会がなければ処分するつもりです。

【関連記事】木製のティースプーンを処分しステンレス製の物に買い換えた理由

 

一人暮らしの男性ミニマリストが使っている食器の収納方法は

一人暮らし男性ミニマリストの食器13

今回紹介した食器類ですが、数も多くないため、キッチン上部にある棚にまとめて収納しています。

これでも十分余裕はありますが、もう少しスペースがあけば、さらにスッキリした収納になりそうです。

 

なお、左側に見えるタオルみたいなものはこちらです。

一人暮らし男性ミニマリストの食器2

キリンのデザインをした小型のハンドタオルです。

なぜか同じものが2枚、実家にあったものをもらいました。

結構面白いデザインで気に入っており、何かに使えないかなと考え、鍋敷きやミトンがわりに使っております。

これはボロボロになるまで使いづつけるつもりです。

スポンサーリンク

 

一人暮らしのミニマリストならば1人分の食器があれば十分

以上が、一人暮らしの男性ミニマリストが保有している全ての食器・カトラリー類を紹介しました。

お皿類はもう少しまとめれば、減らせそうな気がしております。

例えば、家でご飯を食べるときはワンプレート料理と汁物にすれば、ミッキーの大皿とお椀と箸だけ残し、他のものは処分することができそうです

ただ、まだそういう食生活をする自信がないため、しばらくは現状維持になりそうです。

いずれは家で食べる食事はワンプレートにするのはチャレンジしてみたいです。

【関連記事】一人暮らしの男性ミニマリストが使う調理器具を紹介【たった9種類】