札幌駅近く’sitatte sapporo’の「麻SHIBIRE」で担々麺を食べてきました

札幌麻SHIBIRE14北海道グルメ散歩

札幌駅から5分くらい歩くと「sitatte sapporo」というビルがあり、飲食店を中心に様々なショップが入っています。

札幌駅から伸びる地下歩行空間に直結しており、時々通りかかるとよく目にする担々麺屋さんが気になっておりました。

先日外出したときに、ちょうど通りかかったので、お昼を食べに立ち寄りました。

 

スポンサーリンク

札幌駅近くの’sitatte sapporo’にある「麻SHIBIRE」に行ってきました

札幌麻SHIBIRE8

今回訪れた店は「麻SHIBIRE」です。

麻を「アサ」と呼ぶのか「マー」なのかはわかりませんが、本格的な感じの名前です。

今回は札幌地下歩行空間から向かいました。

3番の出口が’sitatte sapporo’に直結しています。

札幌麻SHIBIRE3

地下入口の左側にお店が並んでいる場所があります。

 

札幌麻SHIBIRE1

手前には普段からよく見かける担々麺の立て看板などが並んでいました。

 

札幌麻SHIBIRE2

こちらが目的の店「麻SHIBIRE」です。

場所は’sitatte sapporo’の地下1階になります。

 

「麻SHIBIRE」で汁なし担々麺を食べてきました

札幌麻SHIBIRE19

店の前には「担担麺」と「麻婆豆腐」の文字が。

この2つが看板メニューのようです。

 

札幌麻SHIBIRE15

麻婆豆腐は辛さが売りのようで、こんな注意書きも。

 

札幌麻SHIBIRE20

ただし、辛いのが苦手ならば抑えめにすることもできるようになってます。

 

札幌麻SHIBIRE10

入口にある券売機で注文します。

ここで初めて担々麺に汁ありと汁なしがあることが判明しました。

担々麺は汁なしが好きなので、今回は汁なしをチョイスしました。

 

札幌麻SHIBIRE9

さらにお得なサイドメニューセットも。

100円の「SHIBUREセット」

A〜CまでありAセットはなんとライス食べ放題です。

汁なし担々麺にライスはぴったりなので、迷わずAを追加しました。

 

店に入り、空いているテーブル席に案内されました。

(写真を撮り忘れてしまったのですが、店内はカウンターとテーブル席があります。)

チケットを渡し、トッピングとして温玉を選択、

ライスは大中小から選べ、最初は中を選択しました。

 

待ってる間、周りを見渡しました。

札幌麻SHIBIRE16

レディースセットがこの価格で食べられるのはお得!

レディースとありますが男性が頼んでも良いそうです。

 

札幌麻SHIBIRE12

パクチーは100円で追加し放題、つまり食べ放題。

パクチー好きにはたまらんでしょうね。

 

札幌麻SHIBIRE11

山椒も2種類、紅山椒と青山椒です。

今回は使いませんでしたが、これをかけたら痺れを足すことができます。

 

札幌麻SHIBIRE13

担々麺の食べ方もこのように丁寧に書かれています。

 

注文してから間も無く、汁なし担々麺が運ばれてきました。

札幌麻SHIBIRE5

標準でスープも付いております。

緑の蓋が付いている入れ物は黒酢です。

 

札幌麻SHIBIRE4

汁なし担々麺はこんな感じ。

ゴマがたっぷり入ってます。

これをよく混ぜていただきます。

 

早速食べてみると、程よい辛さで美味しいです。

麺は細めですがモチモチ感があり、素材と合っています。

 

札幌麻SHIBIRE7

途中でご飯を挟みながら食べると、これがまたよく空います。

担々麺をおかずみたいにするのは不思議な感じもしますが、結構いけます。

 

札幌麻SHIBIRE21

途中でトッピングの温玉と黒酢と足してさらに混ぜます。

卵のまろやかさと酢が入ったことで味がまろやかになり、さらに箸が進みます。

 

札幌麻SHIBIRE6

麺を食べ終わり、汁とひき肉が残ったら、ここでご飯を投入(追い飯)です。

これがまたうまい!

どんどん進みます。

途中でご飯の小をお代わりして、さらに足します。

これはたまりません。

やっぱり、こういう辛いものにはご飯がよく合います。

 

札幌麻SHIBIRE17

締めに杏仁豆腐。

これはちょっと小さめなので、物足りなさもありますが、まあオマケみたいなものなので、こんなものかなと。

 

札幌麻SHIBIRE18

そして、しっかりと完食。

ごちそうさまでした。

 

「麻SHIBIRE」の場所・営業時間など

以上、’sitatte sapporo’の地下1階にある「麻SHIBIRE」の汁なし担々麺の食レポでした。

普通に担々麺が食べられればいいかなという思って入ったのですが、予想以上に満足できました。

札幌で最近流行っている「175°DENO担々麺」と比べると、痺れはほとんどないですが、辛さと旨味はSHIBIREも悪くありません。

何より、ご飯食べ放題があるというのが嬉しいですね。

 

麻SHIBIREの場所・営業時間は次の通りです。

【麻SHIBIRE】

  • 営業時間:11:00~22:00(L.O. 21:30)
  • 定休日:無休
  • 全席禁煙
  • 現金のみ
  • 夜メニュー(飲み放題)あり
  • 公式サイトはこちら
  • ぐるなび(予約・クーポン・口コミ)はこちら
  • ホットペッパー(予約・クーポン・口コミ)はこちら

 

こちらのお店、東京・神楽坂と豊洲にある「芝蘭(チーラン)」という四川料理の系列店です。

札幌にはESTAの10階にある「四川飯店」も同じ系列です。

調べてみると、本格的な四川料理のお店で味にも定評があるようです。

そう言われると、麻SHIBIREで食べた担々麺も確かに本格的な感じがしました(笑)

次回訪問するときは麻婆豆腐を食べてみたいです。