きたかぐらのミニマリスト記事一覧はこちらから!

一人暮らし男性ミニマリストが加入している生命・医療保険会社はどこ?

ミニマリスト&シンプルライフ

大人になり働くようになると避けられないのが保険に関することです。

保険と言ってもいろいろ種類がありますが、今回は生命保険、医療保険に関する話です。

ミニマリストともなると、なるべく余計なことお金をかけたくないのが正直なところ。

現在一人暮らし(つまり独身)の男性ミニマリストは生命・医療保険はどうしているのか、その辺について簡単に取り上げます。

今回は保険そのものについては深く掘り下げる事はせず、取りえあず一人暮らしのミニマリストって保険に入ってるのくらいのレベルのお話です。
スポンサーリンク

一人暮らしの男性ミニマリストが加入している生命・医療保険は?

まずは現在40代で一人暮らし独身の男性である私ですが、一応生命保険・医療保険に加入しております。

加入しているのは「道民共済」です。

大手生命保険会社のように死後、保険金が払われるようなタイプではなく、掛け捨てタイプです。

元々は学生時代にいた埼玉で県民共済に加入しており、そのまま継続しているものです。

現在は北海道在住なので道民共済というわけです。

 

なぜ共済を選んだのかというと、

  • 月々の保険料(掛け金)が安いこと
  • 独身なので死亡の保障は大して必要ない
  • 入院などしたときの保障を重要視
  • 終身保険で戻ってくる金も多くないので掛け捨てで十分

以上のような理由です。

 

加入しない選択もあるかもしれませんが、病気や事故はいつ起こるか分からないので、やはりその部分だけは備えておいた方が安心です。

結婚でもしたら保険の見直しをしようと考えてはい他のですが、今のところは独り身なので共済で十分です。

(今から民間の生保会社に加入しても保険料が高くつきそうなので、多分入らないと思います)

ちなみに現在払っている保険料(共済では月掛金)は3,000円。

これで万が一の時にある程度は保証されるので、独り身としては十分です。

スポンサーリンク

生命・医療保険に加入するときの基本的考え方

ミニマリストの私が加入している生命・医療保険については以上の通りです。

ただ、保険というのは決して安くはない保険料を毎月払うため、家計を悩ます問題ではあります。

そもそも、保険って必ず入らないといけないものなのでしょうか?

 

生命保険や医療保険は、老後に大きな病気をした時や死後に家族を保障するためのものというのが、一昔前までの一般的な認識でした。

特に、昔は周りはみんな生保に加入しているので、自分も入らないとといういう感じで加入率が非常に高く生保会社も潤っていました。

しかしバブルが崩壊し生保会社の経営状況も怪しくなると、死亡保証も下がり続け、保険に入る意味があるのかどうかも分からなくなってきました。

保険会社も統廃合を繰り返し、今では外資系やネットで申込ができる会社も増えています。

 

と、そんなことを言われたって結局どうすれば良いのか?

保険は個人個人によって何が必要かによって違ってくるので、一概にはなんとも言えません。

 

一例としては、

  • 家族がいて、自分の死後に遺族にお金が必要なら死亡保証をつける
  • とにかく病気をしたときの入院費用などが心配なら医療保証を重視
  • 独身で残す資産も必要ないなら共済などで十分

こんな感じで自分のライフスタイルに合わせて選ぶことになります。

どうしても生命保険関係は複雑なので、最近ではマネードクターのようなFP資格を持った保険相談員の無料相談窓口が充実しております。

入る入らないは別にして、どうして良いか分からないのであれば、一度そういう窓口に相談してみるのも良いかもしれません。

別に相談までする必要はないけど、とりあえず資料だけでもというのであれば「保険スクエアbang!」などを利用するのも良いでしょう。

 

家族がいる場合はその後のことも考えなくてはいけませんので、あまり無責任は事は言えません。

でも一人暮らしの独身で誰かに資産を残そうと考えていないのであれば、医療の保証だけカバーし、安い掛け捨てタイプのもので十分です。

高い保険料を払って自分が死んだ後にたくさん戻ってきても仕方ないですし、保険会社も今後どうなるか分からないので、無駄に払う必要はないでしょう。