きたかぐらのミニマリスト記事一覧はこちらから!

ミニマリストを継続するコツは深刻に考えすぎず楽しむ程度が丁度いい

ミニマリスト&シンプルライフ

ミニマリスト、シンプルライフが注目されるようになり、ネット上ではもちろん、テレビや雑誌でも取り上げられる機会が増えております。

ブログやYoutubeで有名なミニマリストのライフスタイルや考え方などに触れるうち、自分もそういう風になってみたいと思うこともあるでしょう。

その一方で、なんだかストイックで理屈っぽくスピリチュアル臭もしてちょっと近寄り難いなあと感じてしまうかもしれません。

でも不思議なもので、一度思い切って身の回りのものを処分して、ミニマリスト生活を始めてみると、意外と続いてしまうものです。

今回は、めんどくさがりで飽きっぽい私が今でもミニマリストの暮らしを続けられている理由についてまとめました。

スポンサーリンク

飽きっぽい私がミニマリスト生活を続けられた理由

ミニマリストになってみたものはいいものの、なんかしっくりこない!

せっかく部屋も綺麗になったのに、気づいたら汚部屋に元戻りしてしまった!

やってはみたものの、挫折してしまったことありませんか?

 

もし、ミニマリストの部屋やライフスタイルに憧れて実践してみたいと思うのであれば、ぜひ試して欲しいと思っております。

始めるのは大して難しくないのですが、大変なのはミニマリストの生活を続けることです。

私は本格的に断捨離をして途中何度か物の増減はあったものの、ミニマリスト生活を継続できております。

なぜ自分はミニマリストを継続できているのかを自己分析してみたら、次のようにまとめられました。

  1. 物の少ない生活が自分に合っていると気づけたこと
  2. ミニマリストになれば〇〇が叶うという高い理想を持たなかったこと
  3. 物がなくてものめり込める趣味や暇つぶしを見つけることができたこと
スポンサーリンク

物の少ない生活が自分に合っていると気づけたこと

1つ目の物の少ない生活が自分に合っているというのは、感覚的なものです。

例えば、何もないよりは物に囲まれた空間の方が落ち着くという人もいるでしょう。

特に増えやすいものの代表的である本、作家や著名な研究者の壁一面の本棚に隙間なく本がある書斎をみて、自分もこんな空間を作りたいと思うかもしれません。

(かつては私も本を捨てるなんてとんでもないと思っており、本がたくさん並んでいる部屋に憧れていました)

あるいは、自分の趣味で蒐集したコレクション類を綺麗に飾ったギャラリー風の部屋が大好きで、ここにいるだけで幸せだと感じるかもしれません。

こればかりは人それぞれで、どんな空間が自分にとって落ち着くのか異なります。

私の場合は、物がほとんどないスッキリとした空間に魅力を感じミニマリストを目指すようになりました。

ミニマリストになれば〇〇が叶うという高い理想を持たなかったこと

ミニマリストになりたいと思うのには、いろいろと理由があることでしょう。

もしかすると単に汚い部屋を綺麗にしたいというだけかもしれません。

もちろん、それも立派な理由です、実際はその先にある「なりたい自分」が隠れているのではないでしょうか。

  • 身の回りを整理することで、良い運を引き寄せて公私ともに成功したい
  • 自然と節約にもなるし、無駄遣いもしなくなる、あわよくば金運を引き寄せたい
  • 風水的にもよくなり、運気が良くなり恋愛運もよくなるかも

などなど、それぞれ思惑はあるかもしれません。

もちろん私も、今よりももう少しお金が欲しいですし、縁があれば家庭を持てればと思っております。

 

ただ心に留めておいて欲しいのはミニマリストになったからといって、すぐに自分の夢が叶うわけではないということです。

せっかくミニマリストになったのに、何も変わらない!

でも、すぐに変わらなくてもいいじゃないですか。

あまり欲張りすぎず、単純にミニマリスト生活を楽しむぐらいで良いのです。

 

ミニマリストになるために断捨離をすれば、少なくとも部屋はキレイになります。

そして、その環境に慣れれば、余計なものを買わなくなり、少しずつ貯金はできるでしょう。

また、部屋の片付けや掃除、もの探しをすることも少なくなり、浮いた時間ができます。

そういう小さいことが大きくなり、知らず知らずのうちに良い方向に向いてくるのだと私は思っております。

物がなくてものめり込める趣味や暇つぶしを見つけることができたこと

ミニマリストになると部屋にあまり物がないので、どのように過ごすかがポイントです。

金銭的に余裕があれば、外出・外食したり、ちょっとした旅に出たりして楽しむこともできるでしょう。

でも、そう毎日そんな暮らしをできるわけでもありません。

家にいる時、いかにお金をかけないで過ごすこと(いわば暇つぶし)ができるかです。

 

それは、別にテレビを見たり漫画や本を読んだりなど、そんなことで構いません。

(私自身はテレビはほとんど観ませんが、テレビを楽しむことを否定しているわけではありません)

ちなみに私の暇つぶしは、専らネットサーフィンです。

大学生の時にインターネットに触れ始めてから20年以上のネットジャンキーで、パソコンかタブレットさえあれば、いくらでも時間を潰せます。

まあ、パソコンやタブレット等のガジェットやネットの通信費はかかりますが、大した額ではありませんし、外で浪費するよりは安上がりです。

ミニマリストを続けるのであれば、コレクションなど物を集める方ではなく、なるべくお金がかからない趣味を持つといいかもしれません。

スポンサーリンク

ミニマリストは理想を高く持たず気長に楽しむぐらいがちょうどいい

以上、私なりのミニマリスト生活を続けるコツについてまとめました。

これを見ると、なんとも意識が低くてユルい奴とガッカリしたかもしれません(笑)

ミニマリストになったからには絶対にこれをやり遂げて手にするのだと強い意志で取り組むのも悪くありません。

 

しかし、理想が高く意識を高く持ちすぎると、うまく行かなかった時の反動が大きく挫折しやすいものです。

せっかくミニマリストになるのであれば、以前のような状態に逆戻りすることなく生涯続けていきたいものです。

継続するならば無理ぜず自分のできる範囲で、そしてあまり期待を高く持たず、今のキレイでスッキリした空間などを楽しめたら十分です。

そうすればミニマリストの生活が当たり前になり、自然と染み付いていきます。

意識せずミニマルでシンプルな生活を過ごせるようになるのが究極の理想ですね。