ミニマリストの家には時計がない|なくても困らない理由は?

持ち物

ミニマリストになってから様々なものを処分し、一般家庭に当たり前にあるようなものも持っていなかったりします。

普通の家にはあって当たり前かもしれませんが、私が持っていないものの1つに時計があります。

家に置く壁掛け時計や目覚まし時計、そして腕時計も含め、一切手元にありません。

でも、それでも全く困ることはありません。

今回は、私が時計を手放した理由と、時刻を確認する方法などについてまとめました。

スポンサーリンク

男性ミニマリストが時計を全て手放した理由

今までの生活で、私が所有していた時計は手のひらサイズの目覚まし時計と腕時計です。

壁掛け時計は場所を取るのと壁に穴を開けるのが嫌だったので買ったことがありません。

(欲しいと思ったことはありますが)

ミニマリストの生活を意識するようになってから、身の回りの不要なものを処分していったのですが、時計については意識して処分したわけではありません。

 

時計類を処分した理由を整理すると、

  • 電池が切れて動かなくなったタイミングだった
  • スマホ(ガラケー)やパソコン等で確認・代用できたから

です。

 

つまり意識して処分したというより、電池切れになり捨てたというのが正解です。

実際に捨てる際、家ではパソコンやスマホで時間を見れるし、外に出ていても、様々な場所に時計がありスマホも持っているので困ることはありません。

だったら専用の時計を持つ必要もないなと思い手放したのです。

 

なお、腕時計については時刻の確認以外にもファッションで身につけていたこともあったのですが、だんだんそういう欲もなくなったこともあり処分しました。

腕時計を手放した件については、別記事でも触れておりますので、以下を参照ください。

時刻の確認と目覚ましが必要なときの対応方法

時計を手放したのは良いものの、ではどのように時刻を確認したり、目覚ましが必要な時はどうすれば良いのでしょうか。

上記でも少し触れておりますが、パソコンやタブレット、スマホが時計代わりとなります。

 

今は常に手元にスマホがあることが多いので、気になればすぐに時間を確認することができます。

パソコンやタブレットで何かしている時も、画面(ディスプレイ)の隅に現在時刻が表示されておりますので、困ることはありません。

 

そして、いちばんの悩みどころである目覚まし時計ですが、これもスマホにアラームがついているので全く問題ありません。

しかもスヌーズ機能(何分かおきにアラームを鳴らす機能)もついているのが当たり前です。

さらに強力な機能が必要であれば、そういうスマホアプリも探せばありますので、自分にあったものを使えます。

(ちなみに私はスマホを持つ前のガラケーの時から付属のアラーム機能を使って寝起きしていました。)

気をつけなければいけないのはスマホの充電切れですので、それだけは気をつけております。

スポンサーリンク

時刻を気にすることなく1日を過ごせるようになるのが理想

以上、ミニマリストの私が壁掛け時計、置き時計、腕時計などを全て処分し、時計なしの生活をしている件について取り上げました。

これもスマホやパソコンなどの機器があるからこそできるのですが、なんとも便利な時代になりました。

最近はさらにコンパクトになったAppleWatchなどのスマートウォッチなども出ておりますが、スマホと機能がかぶるので、個人的には今のところ必要ないかなと感じております。

 

将来的には、時間を気にすることなく生活できるようになることが理想です。

例えば朝は何時に起きると決めるわけでなく、外が明るくなり始めた頃に自然と目覚めて活動を始める。

日中も自分の体内時計に従って作業をしたり食事をとって、外が暗くなり眠くなったら布団に入る。

まるで江戸時代のような暮らしですが、時間に縛られない生活に憧れますね。

でも、テレビは見ないにしてもラジオを聴いたり、パソコンやスマホを見ていれば、嫌でも時間はわかってしまうので、それくらいが丁度いいのかなと思っております。