初心者がダイエットするなら筋トレよりもランニングが良い理由

ランニング・トレーニング

ダイエットするための方法は2つ、食事を減らすことと運動をすることです。

食事を減らすだけでも痩せられるのですが、そうなると脂肪と共に筋肉も落ちてしまいます。

それに食事制限だけのダイエットだと、やめた途端に元の食生活に戻りすぐにリバウンドしてしまいます。

筋肉を残し脂肪を減らしたいのであれば、やはり運動は欠かせません。

 

体を動かすのが好きであれば特に問題はないのですが、運動が苦手で面倒だと思ってしまうと、やる気もおきません。

雑誌やメディアなどではダイエットのための様々なトレーニング方法がいろいろと取り上げらていますが、実際何がいちばん良いのかわからなくなってしまいます。

 

ダイエットのトレーニングとして代表的なものは「筋トレ」と「有酸素運動(ランニングなど)」です。

理想は「筋トレ→有酸素運動」という流れでトレーニングすることです。

しかし、そこまで時間も取れないし、体力的にも自信がないという場合、せめて何か1つだけでもやった方がマシです。

もし1つだけ選ぶとすれば、筋トレとランニングでは、一体どちらが効果的なのでしょう?

ズバリ「ランニング」1択です。

今回はその理由についてまとめました。

スポンサーリンク

ダイエットするなら筋トレよりランニングを選んだ方が良い理由

ダイエットのために筋トレかランニング、もしどちらかだけ行うならば「ランニング」がオススメです。

理由は次の通りです。

 

理由1:ランニングをしている人は、ほぼ痩せている

1つ目の理由は、とても単純です。

ランニングやジョギングをしている人を見ると、ほぼ間違いなく痩せてます。

外で走る人も、ジムでランニングマシーン(トレッドミル)で走っている方も、今まで自分が見た範囲では、太っている方をほとんど見たことはありません。

これは、どんな運動が効果ある云々を語るよりも、実証済みかもしれません。

 

理由2:しっかりとした全身運動で、簡単にできるから

走るという行為は、おそらく誰もが小さいことから行なったことがあるでしょう。

特別な訓練をしなくても、すぐに始めることができます。

ランニングはただ走るだけの運動ではありますが、足を振り上げますし、しっかり腕も振ります。

そして、腕を振り足を交互に前後させていることで体をひねる運動にもなっております。

(つまり、くびれの効果があるということです)

また、走った時には姿勢がまっすぐ保たないといけないので、無意識のうちに体感も鍛えられ、腹筋周りも引き締まってきます。

 

理由3:今後筋トレなどするにしても、まずは体力をつけることが大事

3つ目の理由は基礎的な体力をつけるのに最も適しているのがランニングだからです。

ダイエットの手始めにランニングから始め、体もだんだん慣れ、そろそろ筋トレにチャレンジしよう、ヨガもやってみたいなと思うかもしれません。

ただ、それらびトレーニングを行うにしても、体力がなければ続きません。

特に、大人になってから運動をしていない場合、想像以上に自分の体力のなさにショックを受けるかもしれません。

そのためにも、まずは基礎体力をつけることが優先で、最も適した運動は、やはりランニングやジョギング、ウォーキングなのです。

スポンサーリンク

 

筋トレでも痩せることはできるが難易度がやや高い

ランニングなどの有酸素運動の一方で、筋トレこそがダイエットに最も適したトレーニングと言う声もあります。

正直に言えば、筋トレをしっかり行えば確実に痩せることができます。

しかし、筋トレは種目が多く、やり方を覚えるのが大変で、さらに正しいフォームで行わないと効果が半減するのです。

筋トレは難易度がちょっと高く、挫折してしまう可能性もあるのです。

 

一方、ランニングは多少フォームの善し悪しはありますが、筋トレに比べれば大して難しくありません。

特に何も考えずとも、無心になって走ればいいので特別なレッスンも必要ありません。

特別に覚えることもないですし、初心者でも始めやすいというのはメリットといえるでしょう。

(ただし、本格的にマラソンにチャレンジしてタイムを上げたいなど本格的になると、レッスンは必要になることはあります)

スポンサーリンク

 

もしランニングがツラいのであれば、ウォーキングからでもOK!

初心者がダイエットに最もよい運動を1つ上げるとすればランニングが良い理由についてまとめました。

しかし、ランニングはどうしても辛くて息苦しくなるというイメージが強く、特に運動が嫌いであれば尚更です。

それゆえにモチベーションが続かず、挫折してしまうことも多いのは事実です。

 

でも、別に学生時代の体育の授業のように、100%の力で思いっきり走る必要はなく、疲れない程度のスローペースで、かつ短い距離でも十分です。

まずは走る時間は5分だけでも構いませんし、走るのが辛ければウォーキングからでも良いです。

とにかく大事なのは、走ったり歩いたりすることで全身を動かすということを習慣にすることです!

もちろん、すぐに結果が出るというものではありませんが、継続すれば、2~3ヶ月後には何かしら変化が現れ始めます。

その後、徐々にスピードを上げる、距離・時間を伸ばすようにすれば、さらに効果が上がることでしょう。

 

健康やダイエットにために、何か1つだけに絞って運動するのであればランニングが簡単でオススメです。

特に初心者や体力に自信がない場合なら尚更です。

ここから徐々に体力をつけて、筋トレにチャレンジするもよし、本格的にマラソンに取り組んでも良いでしょう。

【関連記事】:ミニマリストがトレーニングをジムからランニングに切り替えた理由