一人暮らし男性ミニマリストのトイレットペーパー・ティッシュのストックについての考え方

日常生活

2020年2月〜3月にかけての新型コロナウイルスによる生活の混乱。

トイレットペーパーとティッシュペーパーが不足するというデマが広まり、販売店で次々に売り切れる事態になりました。

売り切れてスッカラカンになった棚を見たら心配になって買い溜めしたくなる気持ちもわかります。

ところで、ミニマリストって基本的に持ち物は少ないのですが、トイレットペーパーなどのような消耗品についてはどうしているのでしょう。

今回は1人暮らしの男性ミニマリストである私が、トイレットペーパーなどの消耗品のストックについてどのように考えているのかをまとめました。

スポンサーリンク

1人暮らしの40代男性ミニマリストがストックしているトイレットペーパー・ティッシュペーパーは?

まずは、1人暮らし40代男性ミニマリストの私のトイレットペーパーとティッシュペーパーのストックについて。

これは、ティッシュペーパーが在庫不足と騒がれた当時の私のツイートです。

この時点でトイレットペーパーは袋に4ロール、トイレに1ロールあり、2〜3週間は余裕で過ごせる量でした。

ティッシュは基本的にポケットティッシュを少し保有するくらいで、これだけあれば問題ない量でした。

 

男性の場合、トイレットペーパーを使うのは大をするときだけです。

さらに自宅のトイレにはシャワートイレ(ウォシュレット)がついているため、大抵の汚れは洗い流せてしまいます。

トイレットペーパーで拭うのは汚れが残っているかどうか確認するくらい。

なので1回に使う量は少なめなので、消費量は少ない方です。

 

ティッシュについては昔はボックスティッシュを買っていたのですが、使うたびにゴミが増えるのが嫌になり、トイレットペーパーで代用するようになりました。

鼻を噛むのもトイレットペーパーです。

それ以来、ティッシュの消費量は激減し、貰い物のポケットティッシュで事足りるようになりました。

 

以上のような使い方をしておりますが、男性に1人暮らしなら、4ロールあれば3週間程度余裕です。

1人暮らし男性ミニマリストのトイレットペーパー・ティッシュペーパーの購入量は

では、普段はどのようにトイレットペーパーを補充しているのか?

基本的には残り2ロールになった時点で、余裕を持って購入するようにしています。

購入するのは、一般的な12ロール入りタイプのものです。

一時期は在庫をたくさん持たないようにしようと、4ロールセットになったものをコンビニか100円ショップで購入していた時期もありました。

しかし、それだと頻繁に買わないといけないのと、1ロールあたりのコストが高くつくので、結局12ロール入りに戻しました。

幸い、今の自宅ならばストックしておく場所に困ることもないので問題ありません。

ただ、間違っても先日の騒動のように、混乱して2パック3パック買ってしまうなんてことはしません。

 

ティッシュペーパーについては先ほども触れた通り、箱タイプのものを自分で買うことはなくなりました。

今は外でもらったポケットティッシュで十分まかなえます。

(ただ、最近はポケットティッシュ配りは減っているので、どうしても無くなったら、ポケットティッシュを買うかもしれません。)

スポンサーリンク

ミニマリストの消耗品ストックは多すぎず少なすぎず

以上、1人暮らしミニマリスト男性である私のトイレットペーパーとティッシュペーパーのストックの仕方や考え方についてまとめました。

一時期、極限まで物を持たない暮らしをやってみようとした時は、手元に2ロールくらいあれば十分と考えて、4ロール単位で購入していたこともありました。

ただ、それだと購入頻度が増え結構面倒になるため、私には向いていなかったようです。

そのため今は普通に12ロール1パックで購入し、残り2ロールくらいで買いに行くというルーチンになっております。

1人暮らしで12ロールも在庫があるのって多い気もするのですが、これくらいが負担にもならずちょうど良いです。

(ただ、狭い家で収納スペースがあまりない時には考え直さないといけないかもしれませんが。)

 

今回は私の事例でしたが、ミニマリストの中でもある程度多めにストックしているケースもあれば、2〜3ロールだけでマメに買う方もいるようです。

では、有事になった場合はどうするかということですが、購入できず家の在庫も無くなったら諦めるしかないでしょうね。

その気になればトイレをした後、気になるようならシャワーで流せばいいですし、何か代用できる方法なんていくらでもあります。

物がないと悩むならば、何か代用できる方法がないか考えられるようにしておきたいですね。