きたかぐらのミニマリスト記事一覧はこちらから!

「トナラー」というガラ空きなのに隣にピタッとくっつくウザい存在について

日常・雑記

普段、体力維持とダイエットのために週に2~3日はスポーツジムに通っているのですが、私がずっと気にしていたことと同じことを思っていた人が結構いたようです。

それは、すごく空いているのにランニングマシン(トレッドミル)で隣の場所に入ってくる人(特に年配のおっさん)。

そしてロッカーもたくさん空いているのに、わざわざすぐ隣の場所を使う人も!

はっきり言ってウザいったらありゃしません。

実は同じような被害を被っている人が結構多く、そう言う人のことを「トナラー」と言うそうです。

今回は様々な事例を取り上げました。

 

スポンサーリンク

「トナラー」とはどんな存在なのか

「トナラー」と言われる人々がいることは、以下の話題で知りました。

元々はジムで見かけた迷惑客のアンケートを募ったところ『空いているのにわざわざ隣に来てランニングマシンを使い出す「トナラー」にイライラします』と言う投稿があったことから、さらに話が進展しました。

探してみると、同じような被害を被っている人が結構いるのです。

8台並んでいるランニングマシン(トレッドミル)を1人で使っていたのに、わざわざ隣のマシンを使うトナラー。

暑苦しいし汗も飛んできて気が散るので迷惑でしかありません。

また、ロッカーでも似たようなことが。

周りはガラ空きなのに、わざわざ隣のロッカーを使う人が。

そうなると、扉を全開にできないので荷物を取り出すのにも一苦労。

ここに書かれていたことって、まさに私が普段スポーツジムのランニングマシン(トレッドミル)やロッカーを使っていての悩みと全く同じなのです。

 

こんなことを思っていたのは自分だけかと思っていたのですが、同じ悩みをもった方がいて少し安心。

これで自分の感覚がおかしくないことがはっきりしました。

(そして、なぜかトナラーはおっさんが多い!)

 

こんなにもいた!トナラーに悩まされる人々

先ほどあげたのはスポーツジムの例ですが、他にもこんなケースがあります。

特に多いのが車。

元々トナラーと言う言葉も、車から生まれたようです。

世にはこれだけトナラーに悩まされる人がいるのです。

スポンサーリンク

 

犯罪を犯しているわけではないのでトナラーを防止するのは難しい

それにしても、なぜ周りがガラ空きなのにわざわざ隣に陣取りたがるのか?

一体なにを考えてそう言う行動をしてしまうのか?

でもトナラーの心理なんてどうでもいいです。

何を思っていたところで、自分にとって迷惑なのに変わりありません。

特にビッタリ隣に付きたがるおっさんは○○なんじゃないかと疑いたくなります。

(今はLGBTの問題もあり、あまり声を大にして言えませんのでこれくらいで。)

 

しかしながら、場所が空いていれば基本的には自分の好きなところを使えば良いわけで、何も法やルールを破っているわけではありません。

それゆえに、こちらも声を大にして何か言えるものでもありません。

それだからこそ、余計ストレスがたまるのですよね。

どうしても嫌ならば、自分が場所を移動すればいいのですが、それだと追い出されたような気がして自分の負けを認めたみたいで嫌なんですよね(笑)。

なので基本的には我慢、あとは屁でもかまして嫌がらせするくらいですかね。

なかなか難しい問題ですね・・・。