札幌駅・APIAの「らーめん青竜」でチャーハンを食べにいきました

札幌駅らーめん青竜2北海道グルメ散歩

札幌駅近くでランチなどを食べるとき、ステラプレイスや地下街APIA(アピア)で食べることが多いです。

何度も足を運んでいるのですが、つい最近まで入ったことがなかったのがAPIAにある「らーめん青竜」です。

先日、近くに寄った際にせっかくなので入ってみることにしました。

 

スポンサーリンク

札幌駅地下APIA(アピア)の「らーめん青竜」にいってきました

今回訪れたのは札幌駅西口の地下街APIA(アピア)にある飲食街にある「らーめん青竜」です。

青竜と書いて「せいりゅう」と読みます。

 

札幌駅らーめん青竜2

様々な店が並んでいる中に、大きなのれんに「青竜」と書かれているので、すぐに見つかるでしょう。

 

らーめん青竜でチャーハンを食べました

札幌駅らーめん青竜1

店の入り口が広いので、店内が混んでいるか分かりやすいです。

見た感じは狭そうなのですが、実際はカウンター10席、4人がけテーブル席が2つあり、結構入れます。

今回は1人で入店したので、空いているカウンター席へ行きました。

 

札幌駅らーめん青竜3

メニューをチェックします。

オホーツクらーめんとか海鮮らーめんなどは、観光客向けと考えて良いでしょう。

普段通う地元民が選ぶのはあんかけやきそばやチャーハン、ラーメンとチャーハンのセットメニューです。

余裕があれば餃子も付けたいところです。

札幌駅らーめん青竜8

 

今回はチャーハンを頼むことにしました。

(ただいまダイエット中なので糖質多めのラーメンは控えました)

 

注文してからさほど待つことなくチャーハンが運ばれてきました。

札幌駅らーめん青竜5

いわゆるシンプルなライプの中華チャーハンです。

量的には一般的、スープがついてきます。

 

札幌駅らーめん青竜4

見た目はこんな感じで、全体的にご飯が炒められております。

食べてみると、思ったより油が多めに感じました。

パラパラ感は多少弱いものの、味は濃いめでしっかりとしており、美味しいです。

食べ進めるうちに油っぽさはあまり気にならなくなります。

(人によっては多少差があるかもしれませんが)

 

札幌駅らーめん青竜7

中の具はチャーシューと多めの玉子、ネギと典型的な組み合わせです。

一緒についている紅生姜が口直しにちょうどよく、口の中もさっぱりとさせてくれます。

あとは黙々と食べ進めました。

札幌駅らーめん青竜6

無事完食。

といっても、量が多いわけではないので、男性にとっては物足りないかもしれません。

ただ、価格を考えると妥当なのかなと思います。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

 

らーめん青竜の場所・営業時間

以上、札幌駅APIAにあるらーめん青竜の食レポでした。

同じフロアには「よし乃」や「ラーメン寳龍」があり、こちらと比べるとあまり目立たない店かもしれませんが、お客さんは常時入っているので人気店の1つではあります。

今回初めて入りましたが、普段食べるにも十分満足できる店ですので、今後も機会があれば利用したいお店です。

 

らーめん青竜の場所・営業時間は次の通りです。

【らーめん青竜】

  • 営業時間:10:30~22:00(LO 21:30)
  • 定休日:無休
  • 全席禁煙
  • 交通系電子マネー・nanaco・waon・iD・Edy・QUICPay利用可
  • ぐるなび(予約・クーポン・口コミ)はこちら
  • ホットペッパー(予約・クーポン・口コミ)はこちら
  • APIAの紹介ページはこちら

次に立ち寄った時にはラーメンを食べてみたいですね。

【関連記事】: