【ミニマリスト部屋】玄関前の物入を整理しました|しまうものは5割以下に

ミニマリストの玄関前物置8ミニマリスト&シンプルライフ

40代ミニマリスト男性が一人暮らしをしている現在の部屋は、結構広く収納場所も多くあります。

そのため、使わないものを押入れや物入(ものいれ)にしまって見せない収納にすることができます。

しかし、収納がたくさんあるからと言って油断していると、押入れや物入れの中がごちゃごちゃになり大変なことになり、見た目もきれいではありません。

私も玄関前にある物入が全然整理できておらず、先日ようやく重い腰を上げて整理しました。

今回は玄関前の物入れの整理の過程についてまとめました。

 

スポンサーリンク

ミニマリストが住む部屋の玄関前にある物入の現状

今回片付けをするターゲットになったのは玄関を入って左側にある、白い扉がついた収納で、上段と下段に分かれております。

 

片付けをする前はこのようになっておりました。

ミニマリストの玄関前物置11

これでも一般的にみたら、さほど多くないかもしれませんが、個人的にはごちゃごちゃしていてスッキリしていないなあと感じていました。

これをなんとかしなければと思い立ち、さらに片付けを進めることにしました。

 

なお、上段のスペースには何も入れておりません。

ミニマリストの玄関前物置5

ミニマリストの玄関前物置6

広さは結構あるのですが、高い位置にあるので出し入れするのに手間がかかります。

それに入れたら入れたで取り出すのも面倒になりそうなので、何も入れないようにしております。

スポンサーリンク

 

玄関前の物入の片付け・整理の過程

さて、実際にこの物入の中にあるものを、どのように片付けたのか。

実際、大したことはしていないのですが実行したのは次のことになります。

  • 必要以上にあるハンガーを処分
  • バッグ(リュック)の収納場所を変更
  • 余分にあったレジ袋を処分
  • 下段にあるキャリーバッグを処分

 

物入れの中にあったものを改めてチェックしたら、1番場所を撮っていたのがバッグ類とハンガーでした。

ミニマリストの玄関前物置7

ハンガーを整理したら、これだけ余分な物がありました。

服も減らしており、洗濯してもこんなたくさん使うことはないので、いらないものをまとめて捨てました。

 

ミニマリストの玄関前物置10

次にバッグ類、実は物入で1番スペースを占領していたのがこれです。

出かけるときに玄関の前にあったら便利かなと思って、そのまま放り投げるようにしまっていたのですが、その結果、物入れの中が汚く見えてしまってたのです。

 

ミニマリストの玄関前物置9

バッグ類をしまう場所を考え直した結果、クローゼット代わりの押入れに衣類と一緒に収納することにしました。

これなら寝かせて置いても、あまり圧迫感もなくスッキリした感じでしまう事ができました。

 

あとは下段に使わずに置いていたキャリーバッグ、これももう出番がなさそうなので処分してしまいました。

(折り畳みできるコンパクトなタイプなので燃えないゴミとして処分)

そして、布袋に入れていたレジ袋で余分なものを捨てて完了です。

スポンサーリンク

 

玄関前の物入れが片付け後の様子

玄関前の物入れを片付けた結果、どのようになったかは次の通りです。

ミニマリストの玄関前物置3

いかがでしょうか。

だいぶスペースが空いてスッキリしました。

あとはなんとなくきれいに並べて配置すれば、センスがなくてもきれいに整理されてるように見せる事ができます。

 

ミニマリストの玄関前物置4

上の部分はこんな感じ。

左側には傘(通常のもの・折りたたみ)、掃除機を立てかけてます。

真ん中にトイレットペーパーのストックと、ミニバケツに入った雑巾類(古くなったタオル類の再利用)。

右側にハンガー少量と洗濯用液体洗剤、洗濯バッグ(IKEAの買い物バッグ)。

 

ミニマリストの玄関前物置2

右の壁にかけているのは、ティッシュ類、布袋に入ったレジ袋、洗濯ばさみがあります。

洗濯ばさみもこんなにいらないだろうと思われがちなのですが、結構壊れやすいので、これぐらいあった方がいいのかなと思っています。

(ただ、今後使う機会が減れば捨てる予定)

 

ミニマリストの玄関前物置1

下段は靴置き場です。

現在の住まいにシューズクローゼット(シューズボックス)がないので、履かない靴はここに置いてます。

置き方・配置はもっと工夫してもいいかもと思っています。

 

片付け指南のハウツー本や断捨離本には引き出しや物入れは、収納3割の余裕を持たせるときれいに見せられると言われてます。

でも、3割の余裕だとしまい方を間違えたり、整理整頓が苦手だと、すぐにごちゃごちゃしてしまいます。

私のように整理整頓が苦手でズボラであれば、収納は半分(5割)以上の余裕を持たせた方が良いと考えております。

さらにスペースが開けば開くほど良いです。

これぐらいならば、少し散らかっていてもすぐに整理できますし、床の部分が多く見えているので掃除も簡単です。

これこそ、ミニマリストならではの収納についての考え方です。

今回の物入れの整理をベースに他の場所も同じようにして余裕を持った収納をするようにしていきたいです。

【関連記事】: