スポーツジム通いを自粛し自宅筋トレに切り替え|トレーニングメニューは?

ランニング・トレーニング

新型コロナウイルスの影響で東京をはじめとして7都府県で緊急事態宣言が出て、外出自粛などの措置が取られています。

私が住んでいる北海道札幌では緊急事態宣言は出ておりませんが、今でも感染者は出ている状態です。

むしろ以前よりも危機感を感じております。

道外から来た新型コロナウイルスの無症状感染者がやってきて、ちょっと油断している道民に感染してあっという間に広がってしまう可能性があるかもしれません。

実際、東京から旭川に帰ってきた20代女性が新型コロナだったという事例もありました。

そのため、3月まではそれほど予防策をとっていなかったのですが、今は自主的に外出自粛をし、週2~3で通っていたスポーツジム通いもやめ自宅筋トレに切り替えました。

今回は自宅筋トレについてです。

 

スポンサーリンク

いつもの筋トレを自宅で実施することに

twitterで大袈裟に呟いておりますが、単に自分のやる気スイッチを入れるだけです。

今までだってその気になれば自宅でトレーニングをしても良かったのですが、自宅だとどうしても怠けてしまいそうなのでスポーツジムに通っていました。

しかし、新型コロナウイルスのこともあり、濃厚接触する恐れのあるジム通いはしばらく控え、自宅トレに切り替えました。

実際に動いてみると、今までの蓄積もありしっかりとこなすことができました。

この調子で自宅トレが継続して習慣化することができそうな気がしてきました。

スポンサーリンク

 

自宅で行っている筋トレメニュー

ここで、私が実際に行っている自宅でのトレーニングメニューを簡単に紹介します。

基本的にはダンベルなど道具を使わない、自重トレーニングというやつです。

筋肉を大きくするために重いバーベルなどで負荷をかけたい場合は物足りないかもしれません。

しかし私の場合は太ることなく細マッチョ(には程遠いけど)の体型になれば良いので自重トレーニングで十分です。

 

具体的なメニューは、

  • スクワット(30回×3セット)
  • ブルガリアンスクワット(左右各10回×3セット)
  • プッシュアップ(腕立て)(20回×3セット)
  • かかと上げ下げ(ふくらはぎ)(左右各20回×3セット)
  • クランチ(腹筋)(30回×3セット)
  • 背筋(30回×3セット)

これをじっくり30~40分くらい時間をかけて行います。

これらはあくまでも基本のメニューなので、ここからさらに1~2つくらい背中と肩を鍛えるメニューを増やす予定です。

本格的にやるのであればプリズナートレーニングを参考にしても良いのですが、とりあえずはKindleUnlimitedで読めるこの本を読んでメニューを練りたいと考えています。

 

この自宅筋トレがしっかり習慣化できて、家でも効果が出せたら、もうスポーツジムに通わなくてもいいレベルにしようと思っております。

そうすれば費用も抑えられるし、自分の時間をもっと有効に使えるようにな気がします。