ダルゴナコーヒーってご存知であろうか?タピオカの次はこれか?

日常・雑記

私自身も最近知ったのですが、インスタなどのSNSで最近話題になっている「ダルゴナコーヒー」という飲み物があります。

コーヒーがホイップ(泡)になったものをミルクの上に載せるだけのものなのですが、見た目がオシャレで可愛いので、若い女性を中心に流行っているようです。

モデルや女性タレントなどもダルゴナコーヒーを作りましたみたいな投稿が増えているのを見たことがあります。

作り方も簡単なので、実際におうちで作ってインスタなどへの投稿も増えております。

このダルゴナコーヒーというのは一体どんな飲み物なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ブームの発信源は韓国!ダルゴナコーヒーとは?

冒頭の写真のようにミルク(牛乳)の上にコーヒーのホイップをのせたダルゴナコーヒーとはどんなものなのでしょうか。

この飲み物は、元々はマカオで昔から飲まれていました。

しかし「ダルゴナ(달고나)」とは実は韓国語で「カルメ焼き(キャラメル焼き)」という意味なのです」。

マカオの飲み物なのに、なぜ韓国語の名前がついているのか?

その理由は、2020年1月に韓国で全国放送された、ある番組で俳優チョン・イルがマカオに訪れ、このドリンクを見つけて紹介されたのがきっかけです。

放送されるとたちまち注目され、その後すぐに韓国のYouTubeチャンネルでレシピ動画を投稿され、あっという間に拡散してトレンド入りしました。

その後、日本にも韓国でブームだという情報が入り話題になりました。

 

ダルゴナという韓国語の名前がついているため、韓国発祥のドリンク(飲み物)と勘違いされるケースもあるようですが、あくまで韓国は拡散しただけです。

とはいえ、トレンドを作り上げるのはさすがです。

スポンサーリンク

 

ダルゴナコーヒーの作り方

たちまち日本でもブームになりつつあるダルゴナコーヒーですが、作り方はとても簡単です。

  1. お椀やボウルを用意してインスタントコーヒー、砂糖、お湯(または水)を入れる
    コーヒー:砂糖:水=1:1:1の比率にします
    またコーヒーはインスタントの粉を使用、ドリップではうまく泡立ちませn
  2. 材料を混ぜたら、泡立て器でフワッとするまでひたすら混ぜる
  3. お好みのミルクをコップに注ぎ、ダルゴナコーヒークリームを上に乗せたら完成

動画で説明すると次のようになります。

 

泡立て器があると簡単なのですが、そんなもの家にないよという場合は、ペットボトルがあれば大丈夫です。

泡立て器を使って作るより、ホイップ(泡)の固さは緩いですが、味は変わらないので、美味しく飲むことができます。

基本は牛乳の上にふわふわのコーヒークリームをのせるのが一般的ですが、豆乳やアーモンドミルクなどを代わりに使うレシピもあります。

 

タピオカブームの次はダルゴナコーヒーがブームになるか?

たまたまSNSでダルゴナコーヒーが話題になっていることを知ったのですが、動画などを探すと、本当にたくさんの投稿があります。

もちろんインスタやツイッター、TikTokでもじわじわと増えてます。

「#ダルゴナコーヒー」「#dalgonacoffee」というハッシュタグで探すとたくさん出てきます。

 

今は外出自粛している時期なので、自宅で作っておうちカフェとして楽しむのが中心ですが、元通りにの日常に戻ればカフェなどでダルゴナコーヒーを出す店が増えそうな気がします。

アレンジもいろいろできますし、手軽に作れますので、カフェでも目玉商品として売り出しても面白そうです。

もしかするとタピオカのように専門店ができるかもしれません。

いずれタピオカに変わってダルゴナコーヒーがブームになるのも現実にありえるかもしれません。

ダルゴナコーヒーの今後の動向に注目したいです。

おうちで作るにはやっぱりハンドミキサーがあると便利です。