ミニマリスト男性のリビングの和室インテリアを模様替えしました

ミニマリスト男性の和室インテリア3ミニマリスト&シンプルライフ

現在私が住んでいる家は築40年以上のURの団地で、部屋は和室です。

最近はフローリングの部屋が多いですが、余計な家具を置く必要がないので、あえてこの部屋を選びました。

しかし、やはり古い住宅であるため、見た目はどうしても古臭さを隠すことはできず、お世辞にもおしゃれとは言えません。

そのため、リビングとして使う部屋にはイメージをよくするため、床にこげ茶色のポリプロピレンのラグを敷いていました。

これで多少は見栄えはよくなったのですが、最近になってなんとなく部屋の雰囲気が重たく感じるようになっていました。

やっぱりシンプルで快適な部屋にするには、全体的に白っぽい色の方が良いのかもしれない。

そこで、床に敷いていたラグを取っ払って、元の畳に戻すことにしました。

 

スポンサーリンク

和室リビングに敷いたラグを撤去して元の畳に戻した結果

ポリプロピレンの焦げ茶色のラグを敷いていたリビングはこんな感じでした。

ミニマリスト男性の和室インテリア7

格子模様で和の雰囲気もあったので、それなりに気に入ってはいました。

しかし、このインテリアにしてずっと過ごしているうちに、なんとなく重たい感じがしてきました。

天井や壁は白ですが、床が暗い色だと、そこだけ目立ってしまい多少の圧迫感も感じます。

そこで、思い切ってこのラグを撤去して、当初の畳の床に戻してみました。

 

ミニマリスト男性の和室インテリア1

いかがでしょうか?

もう4年以上住んでいるので畳の色も枯れてしまい、ところどころへこみや傷も入っています。

畳が表に出てきたので、典型的な和室に戻りました。

どうしても和室は古臭いイメージはありますが、極力モノを置かずシンプルにすると、そう悪くはない気がします。

(あくまで個人の見解ですが・・・)

ミニマリスト男性の和室インテリア5

ミニマリスト男性の和室インテリア4

ミニマリスト男性の和室インテリア6

まるで引越し前の雰囲気そのものです。

でもシンプルなのが好きな私は、やっぱりこういう雰囲気が落ち着きます。

しばらくは、座椅子1つでリビング代わりの和室で過ごしてみるつもりです。

(今後、気が変わるかもしれないので、撤去したポリプロピレンのラグは取っておき、ラグなしでいいやとなったら処分します。)

スポンサーリンク

 

リビングの押入れ書斎の様子

私は主に自宅でパソコンを使って仕事や作業をすることが多いのですが、そのときやイスに座るのが集中できます。

何もないリビングの和室でどのように作業をしているのかというと、押入れをデスク(書斎)代わりとして使っております。

ミニマリスト男性の和室インテリア2

ラグを撤去したあと、押入れを開いて書斎にするとこんな感じです。

決しておしゃれとは言えませんが、デスク(机)を買って場所を占有してしまうことを考えたら、これで十分です。

基本的にあまり人に見せるものではないですし、、、晒してるけど(笑)

 

ミニマリスト男性の和室インテリア8

デスクの上には必要ないものは載せません。

夜はデスクライトを付けますが、これで集中して作業しています。

ただし飽きてしまうとネットサーフィンするクセはなかなかなおりませんが。

スポンサーリンク

 

今後はシンプルな和モダン畳インテリアを目指そうかな

以上、男性ミニマリストが住んでいる和室リビングを模様替え、と言ってもラグを撤去しただけの変更前と変更後を画像などで比較してみました。

いかにも和室!って部屋ですの、やっぱり古さはありおしゃれな部屋とは言い切れないかもしれません。

ただ、なるべく物を置かず何もない状態にすることで、シンプルで落ち着いた空間にすることはできました。

焦げ茶色の床が敷いてあった時の重たい雰囲気もなくなり、くつろぎやすくなりました。

畳を剥き出しにすることで、どうしても汚れや傷はできてしまいますが、畳は張り替えができるので、神経質になる必要はないかもしれません。

 

今後はこのレトロっぽさを生かして、和モダンインテリアにチャレンジしてみようかなと考えています。

この投稿をInstagramで見る

こだわりの和モダン 近頃、 独立した和室を造られる方は、 減ってきていますが、 リビングの横に和室を配置して、 続き間として広々使える、 間取りにされる方はたくさんおられます。 そんな時、 洋風なリビング空間の続きとしても、 見栄えする、 和モダンなこだわりの和室が、 どの世代にも人気で、 おしゃれでかっこいい仕上がりになっています。 伝統的な要素も入れつつ、 思い思いの発想で仕上がった和モダン空間は、 どれも素敵です。 琉球畳・照明・床の間など、 ぜひご参考にしてみてください。 ✨家族のしあわせを育む住まいを✨ Happy home (有)公建 @happyhome_koken 京都府舞鶴市福来872-1 0120-880-588 info@koken-happy.com

Happy home(@happyhome_koken)がシェアした投稿 –

畳を使ったシンプルな和モダンインテリアって、意外と少なく探すのが大変なのですが、時間がある時に色々と試してみたいです。