コロナでジムが休業なので外ランニングデビューしました

札幌で外ランデビュー6ミニマリスト&シンプルライフ

新型コロナウイルスの影響は様々なことで影響が出ております。

私自身は幸いにも家で作業することが多いので、あまり問題ないかと思っていたのですが、それでも影響が出ることもあります。

特に大きいのが、定期的に通っていたスポーツジムが臨時休業してしまい、運動する機会が減ってしまったことです。

臨時休業前から通うのは控えていたのですが、行かなくなると本当に動かなくなります。

それではいけないと思い、自宅筋トレをするようしているのですが、どうもすっきりしません。

やはりランニングなど有酸素をやらないと、運動した気にならないのです。

そこで、いろいろ考えた結果、札幌の天候もよくなってきたので思い切って近くの公園で外ランデビュー(つまり外のランニング)をすることにしました。

今回は外ランをやろうとしたきっかけや、実際に走ってみた感想、今後の改善点などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ジムが臨時休業になったことがきっかけで外ランを始めようとした理由

札幌で外ランデビュー1

今回、思い切って外でランニングを始めることにしたきっかけは、いつも通っているスポーツジムが臨時休業してしまったことです。

また、運動不足でちょっと体重も増えてしまったということもあるのですが、その他にも細かい理由がいくつかあります。

整理すると、次の通りになります。

  • スポーツジムが臨時休業になり運動の習慣が減った
  • これではいけないと思い自宅筋トレをやっている
  • しかし家でに筋トレは普段やってなかったのでモチベーションが上がらない
  • 運動から離れて、体力・肺活量が低下してることが気になる
  • まずは体力を元に戻すため、筋トレより有酸素運動を優先してやりたい
  • そしてトレーニングするやる気スイッチを入れるには自宅外でやるしかない
  • 思い切って今まで避けていた外ランにチャレンジすることにした

ざっとこんな流れで考えて、外で走ることにしました。

 

ちなみに今まで外で走ろうとしなかったのは、

  • タオルや水筒は必須で、それ以外のものも含め荷物になるのが嫌だった
  • 天候に左右されやすい

特に荷物を抱えながら走るのはキツく、汗っかきの私にとってタオル類は手放せません。

そういう手間など考えると外で走るのはストレスになるかもしれないと思っていたのです。

 

ところが、新型コロナウイルスで思い通りの生活ができない今、面倒とか手間がかかるなんて言ってられません。

うまく工夫すれば、最低限の装備で外ランができるかもしれないと考え直すようになりました。

幸い、自宅の近くに大きな公園があり、ランニングコースも整備されているので、まずはつべこべ言わず走ってみることにしました。

スポンサーリンク

 

外ランに必要な装備と荷物

以上のような理由で外ランデビューすることにしたのですが、まずはどんな装備で走るか考えなくてはいけません。

 

まずはトレーニングウェア。

これは普段スポーツジムできているウェアとシューズをそのまま着ればいいだけです。

半袖のスポーツ用Tシャツにハーフパンツとランニングタイツです。

札幌の5月は多少肌寒いですが、走れば体も温まるので半袖で十分です。

 

次にタオルや水筒、その他貴重品など。

ランニングを行う公園は自宅から歩いて10分もしない場所にあるので、あまり大掛かりな荷物は必要ありません。

とりあえず初めてなので、一応必要と思われるものを準備して持っていくことにしました。

札幌で外ランデビュー13

  • タオル
  • 水筒
  • ポケットティッシュ
  • 財布
  • スマホ
  • イヤホン
  • マスク
  • ボディバッグ

これらのものをボディバッグに入れ、斜めがけして走ってみることにしました。

(しかし、これが大失敗だということはこの時点で気付きませんでした)

スポンサーリンク

 

実際に走ってみた感想

準備もできたので、ウェアに着替え、荷物をまとめ、イヤホンをセットして自宅を出ました。

家を出て公園に着くまで、感覚を掴むためにゆっくり走ってみました。

ところが、バッグを斜めがめにして背負った状態はとても走りづらい!

これはとんでもなく邪魔、この後ちゃんと走れるのか心配です。

札幌で外ランデビュー8

先行きが心配な中、目的の公園に到着。

(見る人が見たら、どこかわかるかな?)

平日の16時すぎで緊急事態宣言が出ている中なので、人は少なめですが、ランナーの姿はポツポツと見られます。

それ以外にも犬の散歩やくつろいでいる親子連れなども散見されました。

人で密集していることはないので、ソーシャルディスタンスを保ちながら走ることはできそうです。

今回はマスクを付けずに走ることにしました。

 

札幌で外ランデビュー12

札幌で外ランデビュー10

札幌で外ランデビュー3

札幌で外ランデビュー5

景色は非常によく、人も少なく自分のペースでじっくりと走ることができます。

近所にこんなところがあるなら、なぜ今までずっと足を運ばなかったのかと後悔しています(笑)

しかし、背負っているボディバッグが邪魔で走りにくい!

その分フォームも定まらず、おまけに初めてのコースでもあるのですぐに疲労がたまります。

適度にアップダウンもあり、ジムのトレッドミル(ランニングマシン)で走るのとは訳が違います。

結局、途中で歩きを挟みながらランニングしました。

なんとか目標としていた距離は走りましたが、次回は家から近いし、もっと持ち物を減らさないとダメですね。

 

それにしても、公園の中は景色はよく、気持ちよく走れます。

札幌で外ランデビュー9

札幌で外ランデビュー2

家で閉じこもって筋トレするのとは違い、開放感もあり気持ちいいです。

他のランナーが走っているのを見かけると、自分も頑張ろうという気になりモチベーションも上がります。

これなら、ジムに通わずに公園でランニングをして、適度に筋トレをすれば、自分にとって十分なトレーニングになりそうです。

 

札幌で外ランデビュー11

札幌で外ランデビュー7

公園内には当たり前のようにきた狐の姿も。

近くにペットのワンワン(犬)がいたためか、すごい勢いで吠えていました。

キタキツネは犬のように激しく吠えるのですね。

この公園で走りながら、久しぶりに北海道らしい景色を感じることができたのも良い収穫でした。

スポンサーリンク

 

今後外ランを行うにあたっての改善点や展望など

以上、スポーツジムが臨時休業した影響で、外ランデビューしたことについて取り上げました。

初めての外ランは、荷物が邪魔で上手く走れずに失敗してしまいましたが、走った場所は最高でした。

家から近く、手軽に走ることができるので、これなら気持ちよくランニングできそうです。

 

外ランデビューするにあたり、せっかくなのでルートや距離、タイムなどを計測できるアプリを入れてみました。

札幌で外ランデビュー4

外ランに便利な専用アプリは色々種類があるのですが、私が選んだのは「Nike Run Club」というアプリです。

なぜこれにしたかというと、主要なアプリはどれも同じような中身なので、あとは自分の好きなスポーツブランドということで選びました。

イヤホンを付けて走っていると、途中で1kmごとに音声で案内があり、何分のペースで走ってますと知らせてくれます。

色々試してみて使いこなしてみようと思います。

Nike Run Club

Nike Run Club
開発元:Nike, Inc
無料
posted withアプリーチ

 

次回以降走るときは、荷物をもっと減らさないといけないですね。

タオルは必須なので、首か腰にかけてぶら下げ、小銭類は後ろポケットにでも入れます。

水筒は諦めなければいけないかもしれませんが、途中に、トイレや自動販売機、水飲み場もあるので、これなら最低限の小銭だけでやってきても問題なさそうです。

でも、やはり水筒は持ち歩きたいので、早いうちにランニング用の専用ポーチを購入するつもりです。


<↑こんなやつ↑>

 

とりあえず、週2~3回のペースで続けてみて、自分のライフスタイルに合えば、ジムを退会してこちらに切り替えてもいいかなと考えています。

そうすれば通う時間と月会費も削れるし、よりミニマルでシンプルなスタイルになりそうです。

外ランデビュー、自分が想像していたよりも快適で楽しく走れそうです。

【関連記事】: