ワークマンの1500円ランニングシューズで走ってみた感想【高コスパ】

ワークマンのランニングシューズ3ランニング・トレーニング

ワークマンといえば作業着の販売店をして知られておりますが、最近はカジュアル系などの品揃えも充実して注目されております。

中でも最近ではスポーツ系のウェアやグッズが充実しており、しかもかなり安価で販売されています。

デザインや機能もよく、本当にこの価格でいいのかとびっくりするようなものばかりです。

 

私もちょうど4年近く履いていたトレーニング用のシューズがボロボロで、そろそろ買い換えようと考えていました。

せっかくの機会なので、ワークマンのランニングシューズを履いてみることにしました。

今回は実際に購入したワークマンのランニングシューズと、履いてみた感想をまとめました。

スポンサーリンク

ワークマンで販売されているランニングシューズから選んだのは1,500円のもの

今回ランニングシューズを買い換えるにあたり、どんなものを選ぼうか考えました。

今までならば、ナイキやアシックスといったスポーツブランドのものを買っていましたが、外でのライニング用ということを考えると、おそらく1年くらいしかもちません。

主に走るのが舗装された道路になるので、靴底がすぐに擦れてツルツルになってしまいます。

私がセミプロレベルの市民ランナーであれば足を守るためしっかりしたものを選ぶでしょうが、健康とダイエットのために走るだけです。

そんなレベルですので、それであればワークマンのもので十分だろうと判断し、今回初めて試すことにしました。

 

ワークマンでランニングシューズを選ぶにあたり、現時点(2020年6月現在)で発売されている製品をカタログでチェックしました。

ワークマンのランニングシューズ17

ワークマンのランニングシューズ18

実質この4種類から選ぶことになります。

テレビや雑誌などで有名になっているのが、厚底を採用している1,900円のものです。

話題の厚底で1900円というもの驚きですが、それ以外のシューズはもっと安いです。

この中から、自分の足に合いそうなものを選ぶことにしました。

 

幸い、私が住んでいる札幌にはワークマンの店舗がいくつかあります。

実際に実物をみて履き心地を確かめてみたかったので、今回は直接店まで出かけてきました。

ワークマンのランニングシューズ6

店内には、購入を検討しているシューズが全種類揃っており、実際に履いて確かめてみました。

話題の厚底シューズは、今まで履いたことがないタイプで多少違和感があったため今回はパス。

 

1,500円のものは、そこまで厚底ではないもののシューズの作りがしっかりしており、足のフィット感もいいです。

 

980円のものは、履き心地は悪くないのですが、靴底がなんとなくペラペラで不安なのと、デザインが個人的に好みではなく対象外になりました。

 

ワークマンのランニングシューズ12

ワークマンのランニングシューズ7

結局、1番足にフィットし、デザインもよかった1,500円のシューズを購入しました。

ワークマンで1,500円のランニングシューズの外観・デザインをチェック

ワークマンのランニングシューズ8

今回購入したワークマンの1500円のランニングシューズは2種類カラーがあります。

イエローは派手で目立ちすぎて好みではなかったので、落ち着いたターコイズカラーにしました。

 

横から見るとこんな感じです。

ワークマンのランニングシューズ13

ワークマンのランニングシューズ15

厚底タイプではありませんが、実際に見ると結構厚いです。

かかとの部分にある「Find-Out」というのはワークマンのブランド名の1つですが、ちょっと目立ちすぎな気がします。

 

ワークマンのランニングシューズ14

靴底はこんな感じです。

今まで履いていたナイキのシューズに比べると、ゴムが硬めなのが気になりますが、ランニングがメインなので、そこまで問題にならないでしょう。

何度か履いているうちに柔らかくなり、足に馴染むことでしょう。

 

ワークマンのランニングシューズ16

ワークマンのランニングシューズ9

靴の中にあるソールは取り外しできるようになっております。

全体的には一般的なスニーカーと同じデザインなので、履くのに違和感はないでしょう。

あまり余計な装飾もないので、スポーツ用としてはもちろん、普段履きのスニーカーとして使うのもアリかもしれません。

スポンサーリンク

ワークマンの1,500円ランニングシューズで走ってみた感想

ワークマンのランニングシューズ5

ワークマンの1,500円のランニングシューズ、

デザインや性能面など外見は良いのですが、肝心なのは実際に走って問題がないかです。

 

購入した翌日、早速履いて走ってみました。

ワークマンのランニングシューズ4

まず履き心地ですが、他のスポーツメーカーのランニングシューズと大差なく、すんなりとフィットしました。

横幅は多少小さめかもしれませんので、サイズはいつも履くものより0.5cm大きいものにした方が良いでしょう。

 

さて、実際に走ってみると、意外と靴底のクッションがあり、思った以上に走りやすかったです。

これが本当に1,500円と考えるとかなり衝撃的です!

おそらくスポーツメーカーの1万円以下のランニングシューズと同程度のレベルと思って間違いありません。

 

いきなり10km近く走ったので、靴ずれやマメはできましたが、あと2~3回履いて走れば、シューズも適度に柔らかくなり、足にも馴染むので問題なさそうです。

 

ワークマンのランニングシューズ、メーカー・ブランドを気にしなければ、全然ありです。

週2~3回、外でしっかりランニングするのであれば、多分1年持たずに靴もボロボロになるので、頻繁に買い換えることを考えれば、ワークマンはコスパもよく助かります。

本格的にマラソン競技などに参加し、タイムを縮めるために走るなら別ですが、そういうのを気にせず自分のペースで走り込むレベルであれば、ワークマンで十分です。

 

ワークマンは全国展開しておりますが、万が一近くにお店がなければメーカー直販のネット通販サイトで入手可能です。

(楽天やAmazonでは取り扱いしていません)

 

なお、ワークマンではランニングシューズ以外にTシャツやランニングパンツなどのウェアを始め、中に着るコンプレッションウェアやランニングタイツ(スポーツレギンス)も格安で販売しております。

秋になり少し肌寒くなり始めたら、中に着る上半身用のコンプレッションウェアをワークマンで購入しようと検討しています。

ワークマン、侮れません!