ミニマリストの全持ち物公開中、リストはこちらから

ミニマリストはゴミ箱なんていらない|でも実は1つだけ持っている理由

ミニマリストのゴミ箱3ミニマリスト&シンプルライフ

ミニマリストって物を捨てまくって、本当に物が少ないイメージを持たれています。

でも、いくら物が少ないからといっても家で生活している以上、避けられないのがゴミです。

例えば自宅で食事をするのであれば生ゴミを始め、食材を入れていた袋やパック類がゴミになります。

また何か新しいものを購入すれば、袋や値札のタグなども取り外れば不要になります。

 

ゴミが出れば必要になるのがゴミ箱です。

大抵の家庭にはゴミ箱はあるでしょうが、ミニマリストの中にはゴミ箱を持っていないという方もいます。

私も本当はゴミ箱自体処分したいのですが、とある理由で1つだけ持っています。

(冒頭の写真のゴミ箱がそれです)

 

今回はミニマリストである私が持ってるゴミ箱を持っている理由

そして、自宅でゴミを捨てるときにどうしているのかについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

持っているゴミ箱は1つだけなのと、その理由

ミニマリストのゴミ箱4

私が持っているのは、ごく普通のプラスチック製のゴミ箱です。

私が実家にいた頃から使っていたもので、かれこれ20年以上経ちます。

汚れないように使っていたので、思ったほど汚れていません。

 

今現在、自宅にあるゴミ箱はこれ1つです。

本当はもう無くしたいのですが、できない理由があります。

それは、札幌市の生ゴミ(燃えるゴミ)の収集事情によるものです。

 

普通、生ゴミは放置しておくと腐って臭うので、週に2~3日の収集時にゴミ捨て場(ゴミステーション)に出したいところです。

しかし、札幌市の場合、燃えるゴミは有料なのです。

ミニマリストのゴミ箱2

このようなゴミ袋を購入して出さないと回収してもらえません。

ゴミ袋の値段を考えると微妙ではありませんが、毎回の回収の度にこの袋を使うとお金もバカになりません。

そのため、なるべく生ゴミを少なく、さらにゴミ袋にギュウギュウになるまで詰め込んで、パンパンになってから捨てるようにしています。

 

生ゴミは、まず小さいビニール袋に入れ、厳重に口を閉めてから指定のゴミ服の中に詰めていきます。

このときゴミ箱に有料のゴミ袋を広げて燃えるゴミを捨てています。

(と言うより、保管していると言う方が正解かな)

 

別にゴミ箱に入れずとも良いかなとも考えました。

でも、生ゴミはどうしても水分を含んでおり、万が一袋が破けたときの後処理が大変です。

それを防ぐため、長年使っており捨てずにいたゴミ箱を引き続き使っているというわけです。

やはり袋だけだと不安ですので。

 

もし、東京23区などのように燃えるゴミの収集が無料であれば、収集日の都度出せば良いのですが、有料というのは結構痛いです。

ケチくさいと思われるかもしれませんが、こういうところで出費を抑えないと厳しいのが現状です。

 

ミニマリストの家庭でのゴミ処理ルール

ゴミ箱は燃えるゴミ用に使っていますが、それ以外のゴミはどのようにしているか。

種類によって次のように処分しています。

 

全てのゴミは1箇所に集める

ミニマリストのゴミ箱5

現在、自宅で出たゴミ類は全て台所(キッチン)のシンク下のスペースにまとめて一時保管しております。

シンク下はパイプが通っており、食材保管に適していないと言われておりますので、ここを使うようにしております。

 

私の家でよく出るゴミは「生ゴミ(燃えるゴミ)」「プラスチック類」「紙類」がほとんどです。

燃えるゴミは先ほどのゴミ箱に、それ以外のゴミはビニール袋に入れて保管しております。

ミニマリストのゴミ箱1

汚い画ですが、実際にこのような感じでゴミを入れています。

スペース的にもちょうどよく、ドアもありますので普段はこれで問題なく過ごせております。

 

室内にゴミ箱を置かない

次に、私がミニマリストになってから徹底しているのが、室内にゴミ箱は置かないことです。

以前は、普通にリビング(居間)の角などにゴミ箱を置いていたのですが、やめました。

 

どの本だったか忘れてしまったのですが、室内にゴミ箱を置くと部屋が汚れすぐに散らかるというのを読み、これはいけないと早速実践しました。

実際に部屋も汚れることもなくなり、部屋の見栄えもよくなりました。

 

何かを拭いたりなどティッシュなどを使って捨てる時も、その都度シンク下のゴミスペースまで捨てにいきます。

最初のうちへ面倒と感じることもありましたが、慣れていくうちに苦にもならなくなりました。

効率悪そうに見えますが、広い家でもないですし、そのぐらいの距離を動くのは逆に良いかなと思っております。

 

無料回収のゴミ類はこまめにゴミ捨て場(ゴミステーション)へ

先ほどのシンク下のゴミの写真を見てもらうように、放っておくとすぐにゴミでいっぱいになります。

特に多いのがプラスチック類です。

最近は何かを購入するとプラスチック類ゴミが出るのは当たり前になりました。

しかも結構かさばるものです。

札幌市の場合、プラスチック類は無料回収ではありますが、週1回だけなので結構たまってしまいます。

プラスチック類については毎週のようにゴミ捨て場(ゴミステーション)に出しにいかないと大変なことになるので、忘れずに出すようにしております。

 

もう1つ厄介なのが紙類です。

普段、紙なんてあまり使う機会が無いように思われるのですが、これも結構たまってしまうものです。

特に困るのがチラシ類!

いやでもポストに入っていますので、知らず知らずのうちに増えています。

こんなもの必要ないので迷惑千万ではありますが、配っている方も商売ですから、こればかりやどうしようもありません。

また、買い物をしたときに出るレシート類なども地味に貯まります。

以前だったら、そのまま燃えるゴミにポイとするところですが、先ほどから言っている通り燃えるゴミは有料です。

ゴミを捨てるのになるべくお金をかけたくないですから、資源ごみとなり無料回収するものは、できる限りそちらで出すようにしています。

紙類は月2回、こちらも逃してしまうと結構溜まって邪魔になるので、まめに出すようにしています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:なるべくゴミを出さない生活を心がけたい

以上、ミニマリストである私のゴミ箱と普段のゴミ捨て事情について取り上げました。

札幌市の燃えるゴミ回収が無料であれば、ゴミ箱を無くすことができたのですが、パンパンになるまで捨てないようにしているため、やむを得ず1つだけゴミ箱を使っております。

 

でも、今後はなるべく燃えるゴミ・生ゴミを出さないような生活の仕方にシフトしようかと考えてもいます。

家で自炊する機会を減らして外食を多くしようとか、ティッシュペーパーをやめてトイレットペーパーに統一しようなど、いくつかアイデアはあります。

 

ゴミをなるべく出さないことは自分のためでもあるのですが、地球環境にも優しいのでメリットは多いはずです。

最近はプラスチック類の環境破壊が問題となっていますし、今後は広い視野で考えていかないといけないと思ってます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました